Skip to content

Monthly Archives: 8月 2014

グリーンホテルモーリス

出張で鳥取に来ています.
 

明日から鳥取県博で講演があるのですが,

宿泊先のホテルグリーンモーリス

もうすごいんですよ!
 

大浴場完備(サウナ・ジェットバス付き)!

浴場にはタオル,シャカシャカ・ブラシ・綿棒・ドライヤー・マッサージ機完備!

本,新聞,漫画完備!

洗濯機・乾燥機あり!

勿論自販機有り!

枕,空気清浄機,ズボンプレッサー完備!

Wifiサービスあり!

朝食付き!
 

これで一泊約5000円です!
 

すげー!
 

他にもサービスがありすぎて把握しきれません!
 

今までいろんなホテルに泊まりましたが

ここのサービスはピカイチですね.
 

英気を養って

明日は頑張りますよ!


砂の中

暑さも和らいだある夏の日.
 

IMG_3671

白浜水族館では無脊椎動物たちが

いつもとかわらず水槽をにぎやかしています.
 

IMG_3672

死サンゴの骨格の前で腕を振るうウミシダ.
 

IMG_3674

おや,その傍らの砂底に...
 

IMG_3665

なんでしょうこれは?
 

砂の隙間から何か毛みたいなものが何本も伸びています.
 

この正体が知りたい方は!

明後日の鳥取県立博物館のシンポジウムに足を運んでくださいね!
 
 
 

鳥取県立博物館特別展示

「胸キュン☆サンゴ展~わたしを深海(うみ)につれてって~」
 

   《特別シンポジウム》
あなたの知らないステキなサンゴ~サンゴ研究の最前線~
 

■日時  平成26年8月31日(日)13時00分から17時00分まで

■場所  鳥取県立博物館講堂

■定員  250名

   ■申込不要、参加無料
 

http://site5.tori-info.co.jp/p/museum/exhibition/planning/29/
 

鳥取でお待ちしてますよ!

 


分類学について⑤

さてさて分類学について,まだ語ってみますよ! 
 

ちょっとものの整理について考えてみましょう.

例えばお菓子とジュースを買いにコンビニに行くとします.

まずはコンビニの中ほどにあるお菓子コーナーでポテチを物色.

店の壁際のショーケースに並ぶ飲料コーナーで,

ポテチに合うコーラを物色し,颯爽とレジへと向かうわけです.
 

実はこのような何気ない日常を過ごせるのは,

コンビニのものがコーナーごとに体系的に並べられているからにほかなりません.
 

では,体系的に並べられていないとどのようなことになるのか?

今度はスーパーを例にとってみましょう.
 

全体像の理解の難化1

スーパーでは果物,野菜,魚・肉がコーナーごとに並べられています.
 

例えばこれをアイウエオ順に並べてみるとどうなるでしょうか?
 

イチゴの隣にキャベツがあり,魚の横にジャガイモがあり...

これでは,果物を選ぶために,イチゴとミカンを比べたいと思ったときに,

店の端と端を行ったり来たりしなくてはならずとても不便です.
 

全体像の理解の難化2

ここにお菓子や飲料が入ってきたらもう大変です.
 

きっと「こんな店二度と来るか!」と思ってしまうでしょう.
 

このように,たくさんのものを単純に名前で並べただけでは,

その全体像の把握は実は非常に難しくなってしまうのです.
 

中世ヨーロッパでも,次々に持ち込まれる動植物の全体像の把握が

段々と困難になっていきました.
 

そこで,この状況を打開すべく,リンネがある方法を考え出したのです.
 

その方法とは!?
 

続く


分類学について④

8月末から9月は出張・実習で大忙しです!
 

8/30-9/1 鳥取

9/4-9/10 京大実習

9/11-9/14 仙台(動物学会参加)

9/16-21 大阪大学実習(留学生)

9/24 ドレッジ調査

9/25-9/30 大阪大学実習
 

その間に書類や論文の締切などがあったり.うおー,がんばります!

この夏が踏ん張りどころです.
 
 

さて...

たまには真面目な話を続けますよ!
 

二名法の利点は,単に名前が短くなったたけではありません.

もう一つの利点は,「名前を記号として扱った」ことです.
 

実はそれまでの生物の特徴を表す形容詞がどんどん付されていった名前は,

その種の名前であると同時に,定義でもありました.
 

従って,その種の定義が変わってしまった際には,

その名前も変更されることになります.
 

例えば,
 

「灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ」
 

がいたとして,これによく似ていてちょっと毛の色が薄い
 

「薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ」
 

がいたとします. 
 

そして前者の種があるとき,ヨーロッパ全体に分布していることが確認され,
 

「灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ」
 

と改名されたとします.

さて,この2種についての狩人の会話はどんなものになるでしょうか.
 

狩人A「このあいだ”灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”みたんだよ.

この辺にもいるんだな.でもなんかちょっと毛の色が薄かった気がするんだよね」
 
 

狩人B「ちょっとまてまて最近”灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”は

“灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”に名前が変わったんだよ.」
 
 

狩人C「え,それって”薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”の可能性あるかも!

それってレア種だよ!すげー!」
 
 

狩人A「え?”薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”?」
 
 

狩人B「いやだから”灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”でしょ?」
 
 

狩人C「違う違う,Aがみたのは”灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”じゃなくて

“薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”かもって話だよ.

毛の色が薄かったんなら.

“薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”なんてのはいないよ.

あ,でも最近”灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”が

“灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”に名前が変わったって話を考えると,

もしAが見たのがほんとに”薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ”だったんなら,

こいつの名前も”薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ”に変えないとかもね.」
 
 

狩人A, B「え?」

いかがでしょう?たぶん私はこんな会話されたら絶対についていけません.
 

リンネの二名法では,名前をあくまでも記号として扱い,定義は別のものとして扱いました. 
 

つまり,種の形質(この場合は分布域)が変わろうとも,名前は変えなかったわけです.

上の会話の
 

「灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ」

および「灰色の 毛並みがいい 足の早い 欧州産の オオカミ」

と呼ばれていた種を二名法で
 

「灰色の オオカミ」に,
 

「薄灰色の 毛並みがいい 足の早い 北欧産の オオカミ」を

二名法で
 

「薄灰色の オオカミ」

にしてみましょう.
 

狩人A「このあいだ”灰色の オオカミ”みたんだよ.この辺にもいるんだな.でもなんかちょっと毛の色が薄かった気がするんだよね」

狩人B「ちょっとまてまて最近”灰色の オオカミ”はこの辺にもいるってことが分かってきてるんだよ.」
 
 

狩人C「いや,それって”薄灰色の オオカミ”の可能性あるかも!それってレア種だよ!すげー!」
 
 

狩人A「え?”薄灰色の オオカミ”?」
 
 

狩人B「あー,”灰色の オオカミ”じゃないのか」
 
 

狩人C「そうそう,Aがみたのは”灰色の オオカミ”じゃなくて”薄灰色の オオカミ”かもって話だよ.」

となるはずです.会話がとてもすっきりしますね.

※例が強引という批判は甘んじて受けます.

このように,名前はあくまでも記号としてたことで,

生物の名前の複雑化に伴う混乱は解消したといえるでしょう.
 
 
 

そしてさらに!
 
 
 

リンネはこの二名法の他にさらに便利な方法を開発していたのです!
 

 
 

続く.

 


分類学について③

めっちゃ途切れ途切れになっておりますが,

久々に分類学についてのお話をば.
 

舞台は中世ヨーロッパです.生物の名前がどんどん長くなり,

目前に迫った生物資源利用の困難化救ったのが,

スウェーデンの博物学者
 

カール・フォン・リンネ(Carl von Linné)

でした.
 

彼はその著書「自然の体系(Systema Naturae)」の中で,

生物の名前を表すのに「二名法」という方法を採用しました. 
 

二語名法

これは,分類の最小単位「種」の学名である「種名」の表示法です.

基本セットは「属名」+「種小名」です.
 

属名は必ず名詞です(ですから一文字目が大文字です).

種小名は,基本は形容詞なので,種名は種小名が属名を形容する

(「灰色のオオカミ」など)

形になります.
 

ただし,種小名は名詞でもかまいません.
 

時々,名詞が二つ続く事に違和感を覚える方もいらっしゃいますが,

例えば「オレンジ・ジュース」みたいなものと思っていただければよいでしょう.
 

学名は

「ラテン語」
 

で表されます.
 

例えば種小名にsabineaeとか,japonicusとか,

“ae”とか”us”とかの聞きなれない語尾がついていることがあるかと思いますが,

これは全て単語をラテン語化する際につけられた語尾です.
 

以下に,種小名に頻繁にみられるラテン語尾をリストアップします.
 
 

“***i”, “***ae”:人名などの有性単語につける語尾.

男性にはi, 女性にはaeを付ける(ちなみに船は女性名詞です).

例) smithi, soyoaeなど
 
 

“***ensis”, “***iensis”:地名につける.

例) nipponensisなど
 
 

“***(a)nus”, “***inus”, “icus”:地域名につける

例) japonicusなど
 
 

ただし,これらの綴りや組み合わせは,

もとになった単語(語幹)が単数か複数かよっても変わりますし,

出来上がる単語の響きによっては,iが追加されたり,

語幹の一部が削られたりするので,一概にこうと言えるものではありません.
 

先にも述べましたが,種小名は名詞で表すこともできます.

例えば”soyoae”は蒼鷹丸という中央水研の有名な調査船に献名した種小名ですが,

単に”soyo”という名詞を種小名に使っても同じような意味となります.

ラテン語の名詞と考えればよいのです.
 

少し長くなってしまいましたが,このようなラテン語の2単語の後に「命名者」+「命名年号」が続き,

4単語が基本となって種名が表されます.

(亜種,亜属などが含まれるともっと単語数は増えますが,その説明はまたの機会に)
 

この二名法の発明により,生物の名前が簡便に表され,

それまでの混乱が解消されることとなりました.
 

これは「リンネ式二名法」と呼ばれ現在も変わらず用いられているため,

リンネは現代分類学の父と称されています.
 
 
 
 

...しかし!

実は,二名法のメリットはこれだけではないのです!

ふふふ,気になってきたでしょう.

続きはまた今度!


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習オフショット集

関西学院大学の実習が,今日終わりました!
 

そちらの写真もだいぶ溜まっているのですが,

まずは京大実習オフショット集ですよ!
 

今回もなかなか愉快な写真がたくさん撮れておりました.

その①
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAフィールド移動中に他の車とはぐれて,

先の方の様子を見に行って帰ってきた大和先生でした(笑)

IMG_2192

その②

干潟でさっそうと歩く三年生のO塚君.

干潟二回目(3月の実習のリピーター)だけあって,

なかなかの足捌き.
 

RIMG0010

その③

久保田先生が撮影してくださった,干潟実習の風景.

全然気づかなかったのですが,いつの間にか久保田先生がいらっしゃっていて,

橋の上から激写してくださいました.

こうしてみると泥んこ遊び中にも見えますが,

実際に干潟を歩くと,結構大変なんですよ!


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その④

磯歩きで学生が集めた貝シリーズ,

ハナマルユキ,ハルシャガイ,タガヤサンミナシ,ヤクシマダカラ,カタベガイなどなど.

海岸に打ち上げられたものだけでもかなりの種類が確認できます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その⑤

発生に使ったタコノマクラを解剖した強者あり!

他の正形ウニと違い,かなり殻が厚く,ペンチで割る必要がありました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのタコノマクラのアリストテレスのランタン(顎).

意外なことに,かなり大きく強固な顎を持っています.
 

海藻ではなく砂の中の有機物などを餌にしているのに,

なぜこんな顎が必要なのでしょうか.

体の骨格を維持するために,顎も支持組織として発達したのではないかという意見に落ち着きました.
 

IMG_2261

そして最後はコレ.ハマガニッのスケッチです!
 

ハマガニッを捕まえた学生が,あまりにハマガニッを気に入ってしまったために,

渾身のスケッチを書き上げてしまいました.
 

彼のハマガニッへの愛情が伝わります.
 

スケッチしたハマガニッは,無事に元の場所に返されました.

※この表現は,実験所OBの藤本・メイオ・心太氏が

瀬戸ブロに寄稿してくれた記事を存分に参考にしました.


 

ということで,京大実習レポートおしまい!

お疲れ様でした!
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

ハマガニッ!


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習⑧

京大実習レポートいよいよ大詰め!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この写真を覚えておいででしょうか?
 

自由課題実習です.
 

実はこれまでの実習に他の人たちが取り組んでいる間に,

滋賀県立大の杉本君が,

「潮間帯の岩礁や転石帯において,波や乾燥などの環境要因が,

貝類の分布に及ぼしている影響についての考察」

というテーマに取り組んでいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥の巣,番所崎など数地点でコドラート・ライントランセクト調査を行い,

干潮時の海岸線から約1m 間隔で潮上帯まで50 cm四方のコドラートをとりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

得られたデータを解析中.

地点ごとにシャノン・ベイナー多様度指数(H’)や

類似度を算出しています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果発表!
 

台風の影響であまりたくさんデータが採れなかったので,

中野先生のコドラート調査のデータもお借りして比較に用いました.
 

分布図を書き,多様度などを地点ごとに比較したところ,

波あたりが強い場所では生物の多様性が高そうだ,

という考察に至りました.
 

そもそも生物学では,どうしても厳密なデータを採るのが難しいため,

たくさんのデータを採り,統計学的に処理することでその傾向を見る,

という手法が多くとられるます(特に生態学のような分野では).
 

台風でデータが得られなかったという原因はありますが,

今回はやや解析だよりになってしまったかもしれません.
 

例えば,分布図を書いてみた時点で,

肉食の捕食者のイボニシやシマレイシガイダマシ(巻貝)の分布と,

被食者のクログチガイ(固着性二枚貝)などの分布に,

ある程度の重なりがみられることがわかりました.
 

これを新たな出発点とし,

干潮時と満潮時での巻貝の挙動の違いや,

実際の捕食行動や捕食数から推測される捕食圧などを地点ごとに調べると,

さらに面白いことがわかったかもしれせん.
 

そして,新たに得られたデータを基に多様度や類似度を検定できれば,

解析をさらに「有意義」なものにできたでしょう.
 

また来年度,新たなチャレンジャーがこの謎を究明してくれることを祈ります!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実習の最終日は恒例のBBQ大会!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白浜の海の幸をたっぷりと堪能してもらいながら,

海洋生物談義に花を咲かせ,夜が更けていきましたとさ.
 

IMG_2266

一夜明けて,本当の最終日.

最後に宿舎と実験室の掃除をして,気持ちよく家に帰りましょう!

こんなにピカピカにしてくれました!
 

IMG_2277

最後に白浜水族館をバックにパシャリ.
 

皆さんお疲れ様でした!


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習⑦

さて,いよいよ佳境に近づいてきた京都大学の実習レポートです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟の生き物をいざ同定!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回注目のクリーチャーはこいつ!

ハマガニです!

なんでも本州でみられるのは非常に珍しい芦原性の種だそうで,

芦原の減少とともに個体数も減ってきているのだそうです.
 

興味のある方は「ハマガニ」で検索してみてください.

いろいろ絶滅危惧に関連したウェブサイトが引っかかってきますよ!
 

ハンティング能力に長けた学生により捕獲されました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟で採集された生物.こちらもかなり種数が多く,なんと計63種に上りました.

みなさんの採集努力に脱帽です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟のお次は久保田先生によるプランクトン実習です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

専用ピペットの作り方解説中.

非常に小さなプランクトンをうまく海水からピックアップするためには,

先の細いピペットを使う必要があります.
 

IMG_2237

まずプラスチック製のピペットの先を火であぶって溶かします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこう!
 

溶けた部分が固まらないうちにピンセットでつまみ,

びろーーーん!

...と伸ばします.

あとは冷めて固まるのを待ち,細くなった部分を鋏で切ればOK!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 実態顕微鏡で観察中.

毎度おなじみ田辺湾から,今回は何が採れたのでしょうか?
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお,プルテウス幼生が採れました!

腕の長さからしてクモヒトデの幼生でしょう.
 

台風の影響か,普段に比べると生き物が少ない印象でしたが...
 

IMG_2246

こんなものが採れました!
 

なんと内肛動物の幼生の可能性が高いということです!
 

おしりに一対の針状の構造を持っているのが特徴とのこと.

勿論,白浜周辺でも成体がみられるのですが,うーむ幼生は初めてみました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風で外洋性生物の観察の機会がなかったので,

浜に打ちあがったプランクトンを観察するついでに,番所崎にも磯採集にきました.
 

打ちあがったペットボトルに,エボシガイというカメノテの仲間が付着していました.

これも広い意味ではプランクトンと言えるでしょう.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

激しい波に晒されたせいでしょう.しっかりと岩に張り付いているカキも,

一部はがされてしまったようです.台風の脅威を感じます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急遽敢行した磯採集だったのであまり潮の条件がよくなく,満潮に近い状態です.

いつもは余裕で通れるところが,水浸し状態!

普段みる干潮とは違った景色でした(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 いつもハネウミヒドラがみられるタイドプールがなくなっていました(笑)

いつもは小高い丘も,このように孤島に.

磯観察での潮位の重要性を改めて理解しました.
 

続く.


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習⑥

発生実習の次は,干潟にやってまいりました!
 

IMG_2139

まずは干潟下流の用水路にて観察.

朝倉先生の説明が終わった後...
 

IMG_2148

わら...
 

IMG_2150

わらわら...
 

IMG_2156

あっという間に岩礁に食らいつくソルジャーたち.

生き物への愛情があふれています.
 

IMG_2178

そしてお次は干潟にやってまいりました.

いい具合に潮が引いて,泥干潟になっています.
 

IMG_2188

なかなかの日照りでした.暑い!
 

IMG_2180

 麦わら帽子に長靴,これが磯観察の基本スタイルです.

これに,軍手というオプションを付ける場合もあります.
 

IMG_2204

段々と川の上流に遡っていくと,分布している生物も少しずつ変わっていきます.
 

IMG_2210

ほぼ川のような状態になってきましたが,

それでも下流の干潟で見られたチゴガニなどがみられました.
 

こういった種は生息場所の塩分濃度が一日で劇的に変化するため,

幅広い塩分変化に対する耐性(広塩性)を持っているということです.
 

IMG_2215

またしてもi phoneのパノラマ機能を使ってみました.

天気も恵まれており,ここでもかなりたくさんの種を採集できました.
 

IMG_2221

ドロドロになった長靴を洗っておしまい!
 

お疲れ様でした!


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習⑤

 ナマコの卵成熟方法ッ!!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように,謎の液に卵を浸し
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

十分ほどしたら,スポイトで丁寧に液を海水に置換するだけ.
 

では,その液とは!?
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらです.ジチオトレイトール(DTT)溶液です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コチラを適当な濃度に調整し,冷凍庫で保管しておきます.
 

最終的な使用濃度は1 mMなので,

スペース確保のため,今回はその十倍の10 mMに調整した液を保管しました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが処理前の卵.小さく映って見にくいかもしれませんが,

卵の中に.未成熟であることを示す大きな卵核胞と呼ばれる丸い構造が見えています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DTT溶液に曝すことで卵核胞が崩壊して見えなくなり(減数分裂が進み),

受精可能な状態となります.ちなみに,周りに群がっている小さな粒粒は精子です.
 

この精子の形も,ウニのものとは少し違います.
 

後はウニと同様に環境を整えながら,発生観察を行います.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本実習ではもう一つ,ウニの掛け合わせ実験も行いました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その名の通り,様々なウニの精子と卵を採りだし,

総当たりで掛け合わせるというものです.
 

コチラはタコノマクラの採卵中.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは,各ウニ(ツマジロ,ムラサキ,コシダカ,ガンガゼ,タコノマクラ,ラッパなどなど)

から採取した精子の懸濁液です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は,ほとんどすべてのウニが放精,放卵してくれました!

それぞれ掛け合わせの担当を決めて,結果を考察してもらいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実験のあとはみんなで後片付け.
 

洗って干場に置くまででなく,元の場所に戻すまでが片づけです!
 
 

勿論,すべてをいちいち洗った後に拭いて戻す必要はありませんが,

自然乾燥しにくい形状のものや,乾きかけのものは拭いておくと,

後の片づけが楽になります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜中にそっと実習室を除いてみると,たくさんの学生がレポートに取り組んでいました.えらい!
 

今回の掛け合わせでは,受精の可否,発生段階の違いなどなど,

様々な興味深い結果が出たようです.
 

それぞれのウニの生息環境や系統関係を考慮すると,

面白いことが分かりそうですね!

いいレポートがかけることを期待しています.
 

続く.


招待されました

なんと招待講演の依頼をいただきました!
 

詳細はコチラ↓
 

平成26年度鳥取県立博物館企画展「胸キュン☆サンゴ展」関連イベント

特別シンポジウム「あなたの知らないステキなサンゴ~サンゴ研究の最前線~」 
 

1 趣旨

サンゴは、約5億年前に出現し、現在も浅海のサンゴ礁だけでなく、

深海や南極などあらゆる海洋環境に生息している。

また、サンゴ礁に代表される浅海の生物礁も、

太古の昔から現在まで、礁の枠組みを構成する生物が入れ替わりながら、

熱帯や亜熱帯の海に存在し続けている。

しかし、このような深海サンゴや太古の生物礁については、

日本では一般にほとんど知られていない。
 

このシンポジウムでは、日本を代表する深海サンゴや太古の生物礁の研究者を招き、

深海サンゴや化石サンゴの新種発見、

深海サンゴの骨格形態に秘められた進化の謎、

新たに明らかとなった深海のクモヒトデ類とサンゴとの共生関係等について話して貰うことにより、

最新の知見や、日本の深海サンゴ・生物礁研究が

世界的に貢献していることを広く知っていただく機会とする。



2 パネリスト(予定)

野中正法氏(沖縄美ら海水族館)
高岡博子氏(沖縄美ら海水族館)
江崎洋一氏(大阪市立大学)
岡西政典氏(京都大学)
千徳明日香氏(京都大学)
 

3 コーディネーター: 徳田悠希(鳥取県立博物館)
 

4 主催: 鳥取県立博物館
 

5 日時: 平成26年8月31日(日)13:00~17:00
 

6 場所: 県立博物館 2階講堂
 

7 対象: 小学生~一般
 

8 定員: 250名(申込不要,先着順)
 

9 料金: 無料



私はもちろんクモヒトデとサンゴの関係についてお話してきます.

サンゴ研究者に囲まれて,アイデンティティを保てるかがポイントです.

講演後はうっかりサンゴ研究者になっているかもしれません!(笑)



鳥取県博のウェブサイトを覗いてみると,

すでに宣伝が用意されていました!

http://site5.tori-info.co.jp/p/museum/exhibition/planning/29/



実はお知り合いがたくさんなので楽しみです!
 

それにしても...
 
 
 
 
 

 
 

8 定員: 250名
 
 
 
 
 

が,頑張ります(((( ;゚д゚)))


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習④

京大実習レポートももう第四弾です.

付着生物実習の次は,発生学実習です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師は毎度おなじみ,宮崎先生です.

詳しい事前解説の様子は,これまでの実習の様子をご覧下さい.

今回は実践の様子をかいつまんでレポートいたします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウニを散髪(棘)中.棘が飛んで目に入らないよう,ゴーグルで完全防備!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

配偶子誘発物質(塩化アセチルコリン)を注射したウニを観察中.

雌であれば,生殖孔(反口側にある)が水につくようにして,卵が容器の底にたまるのを待ちます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

採卵を観察中.なぜこのように,卵同士がくっつかずに,

一様の間隔で配置されるのか?気になったあなたは公開臨海実習に参加しましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次はナマコの発生実習です.

ナマコは,ウニのような薬品による放精抱卵の誘発が困難です.

そこで,このようにある方法でナマコの生殖腺を吐き出させます.
 

解剖によって精巣・卵巣を取り出すこともできますが,

とある方法で無傷(?)で吐き出させることができます.

気になったあなたは公開臨海実習に参加しましょう!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤いソーメンみたいのが取り出されました.

これは色からして卵巣ですね.このように,ピンセットでしごいてやると...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い小さな粒粒をとりだすことができます.

これが卵です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこちらはクリーム色をした精巣です.

これもハサミ等でチョキチョキ切ってやると,精子を取り出すことができます.
 

では,あとはウニのようにこれらを混ぜ合わせておしまい!かというと,

実はそう単純なものではありません.
 

ナマコの卵は,成体内では卵形成が減数分裂の第一分裂前期でブロックされています.

この状態では受精能力がなく,いくら精子の懸濁液と混ぜ合わせても受精は起こりません.
 

自然状況下では,温度変化などの環境変化を感じ取ったナマコが

体内で卵成熟を進め,放卵を行うのですが,

実験室での誘導はなかなか大変で,確実とは言えません.
 

そこで,本実習では「ある方法」によって,ナマコの卵を実験的に成熟させます.
 

その方法とはなんなのか!?
 

ふふふ,気になってきたでしょう.
 

続きはまた明日!
 
 
 
 

...余談ですが,ウニの卵はこのような方法を用いずとも,

放精,抱卵させた配偶子を混ぜ合わせることで簡単に受精させることができます.

このように,生殖期に配偶子が成熟状態で体内で待機している動物は実は少数派です.

ウニが古くから発生実験に使われてきた所以と言えるでしょう.
 

他にも,
 

・採集が容易

・放精・抱卵を簡単に誘発できる

・卵が大きく観察しやすい

・一年中,生殖期の種採集できる(場所によりますが).
 

などなど,実はウニは発生実験において,

唯一無二と言えるほどの優れた実験材料なのです.
 

と,何気なく棘皮動物アピールをしておきますw


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習③

真夏の京大は実習まだまだ続きます!
 

瀬戸臨海が誇る高速型多機能調査船「ヤンチナ」の係留港にやってまいりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

設備の説明中.黄緑の鉄枠は「Aフレーム」と呼ばれ,

ドレッジなどの重量物を船上に引き上げるのに大変役にたちます.
 

何度もこれにお世話になっております.
 

台風避難のために湾に多数の船が入り込んでヤンチナが出港不可につき,

本来予定していた畠島渡航は断念と相成りました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかしそこは百戦錬磨のSMBLスタッフです!

係留物に付着する生物を観察するという代案を繰り出しました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船を係留しているロープなどには,驚くほど多数の生物が付着します.
 

ちなみに,これは以前紹介した筑波大学の中野先生が,

平板動物を採集するためのガラス板を入れておいた買い物かごを沈めておいたものです.

海中に入れて1年はんほど経っていますが,かごであった形跡は微塵もみられませんね.
 

ほとんどが海藻,コケムシ,ヒドロ虫,ホヤなどで,ゴカイの棲管なども

この光景の形成に一役買っています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイヤやロープなど,様々な係留物から生き物を採集してもらいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

採集物の解説中.磯観察ではどうしても動くものばかりに目が行ってしまうのですが,

固着物だけを見るというのも,なかなかどうして面白いものです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コケムシの群体をモニターに映し出しました.
 

採集当初は虫室に引っ込んでしまっていたのですが,

しばらくすると安心したのか,ほとんどの個虫が元気に顔(触手)を出してくれました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさん採れたシロボヤを解剖してみました.
 

はじめに小さな個体を真っ二つにした際には何がなんだかわからなかったのですが,

複数の個体を捌いているうちにだんだんと構造が分かってきました.
 

体内の鰓の構造,胃の位置,さらには口と肛門と,入水孔と出水孔の位置関係など,

大変興味深く勉強させてもらいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観察の合間に水族館を解説.

白浜水族館の誇る無脊椎動物ラインナップをとくとご覧あれ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

付着生物実習のまとめです.前日に引き続き,様々な生き物が採れました.
 

「動かない」とう一見不利な生活を行いながら,食う,寝る,子孫を残す,などの生活の必須要素を

どのように達成しているのかを考える,良い機会になったのではないでしょうか.
 

続く.

 


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習②

京大実習のレポートです!
 

最初の実習は付着生物観察です.
 

多くの動物はその名のとおり「動」いて生活しています.
 

ところが,中にはフジツボやイソギンチャクのように,「動かない」という生活を選択したものがいます.

それらの付着生物にターゲットを絞り,その生態的な意義を考察してもらうのが目的です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師は大和先生.

調査地の説明中.


 

   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風の接近に伴い,実験所近くは荒天につき磯観察ができなかったので,

普段は来ない,内湾の鳥の巣という場所に来ました.
 

堤防の向こうが観察地ですが,流石にこの高さは降りられません!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで少し離れた階段から歩いて磯に向かいます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風の影響はありましたが,まだ雨は降っておらず,

青空も垣間見えました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなコンクリートの棒の橋を渡ります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田辺湾の景色を説明中.

普段は遠くに望んでいる神島が近くに見られました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公開臨海実習の自由課題用のコドラート調査中.

このような方形枠を何地点かでとり,その中の生物相を

地点ごとに比較するという伝統的な方法です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例のごとく,持ち帰った生物を図鑑で同定中.

図鑑の使用方法も,臨海実習の重要な教育事項です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バットの中で,何やら小さな黒い粒が蠢いています.

こんなものは採っていなかったはずですが...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒い粒をモニターに映してみました.
 

なんとこれらは,ゾエア幼生と呼ばれるカニの赤ちゃんでした!
 

お母さんガニはお腹に卵を抱えて,孵化するまで育てます.

採集された際の刺激で,ゾエア幼生が孵化してしまったのかもしれません.

(もちろん自然に孵化した可能性もあります)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

む,このコンビは.

TAの小泉君と,3月の実習に来ていた大塚くんの感動の再会です.

詳しくは3月の実習報告をご覧下さい.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Nahraさんも磯の生物に興味津津!

タンタ大学では軟体動物の生物学を専攻していらっしゃるそうです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクが,槍糸と呼ばれる防御用の刺胞を備えた糸を出していたので,

河村博士がモニターに映し出して解説中です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指示棒で指しているのが刺胞細胞ですね.

さすが防御用ということで,長い刺胞が発射されている様子が観察できました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に,採集された生き物を黒板に書き出しました.
 

なんとその数60種!
 

これは生物が豊富な畠島実習での採集数に迫ります.

学生のみなさんの採集努力の賜物ですね.
 

次は,漁港などの係留物に付着した生物を観察しに行きますよ!
 

続く.

 


夏真っ盛り

お盆ですね.
 

HPを開設して1年が過ぎました.
 

開設当初の目的は,「もっと世間にもづるを知ってもらいたい!」ということと,
 

「古今東西のモヅル情報の集積拠点になれば」
 

ということでした.
 

その甲斐あり,今年の二月に素晴らしいモヅル情報をいただきました.
 

滅多にないことですが,このように珍しいモヅル情報をいただける事や,

モヅルを通じてだれかと知り合いになれることは本当に素晴らしいことです.
 

そして今日!
 

なんと二回目のモヅル情報が送られて来ました!
 

情報提供者は,なんとacademist経営者の柴藤 亮介氏です!
 

驚くなかれ,なんと今回は陸からモヅルが採れたというのです!
 

馬鹿な!
 
 

いいですか,モヅルを含む棘皮動物はほとんどが海産種です.

淡水の種は一匹たりとも知られていません!
 

それが今回,なんと深海種が多いモヅルの中から陸産種が見つかったというのです!
 

これは事件ですよおおお! 

 

もう多くは語りますまい.ご覧ください!これが陸のもづるです!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

10579205_821129844577455_1283946465_n



 
 
 
 
 
 
 
 





お盆...ですね.


京大実習(一部,四部)+公開臨海実習①

2014年8月6日~13日にかけて,

京都大学の臨海実習(一部,四部)+公開臨海実習が開催されました.
 

臨海実習一部は,

海洋生物学の基礎を学ぶことを目的とし、乗船・磯での海産無脊椎動物の観察や採集、さらに各種顕微鏡によるプランクトンの観察やウニ類の発生観察などを行う。

事を目的とした実習です(京都大学シラバスより)

今回は12名が受講してくれました!
 

臨海実習四部はいわゆる自由課題実習で,実習期間中に自ら研究テーマを決定し,

データの収集,解析,発表までの一通りの研究の流れを習得してもらう実習です.

公開臨海実習も自由課題形式で,全国の大学生が受講可能です.
 

第四部の受講者はいなかったものの,

滋賀県立大学の学生一名が公開臨海実習を受講してくれました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都大学の2年生が多めです.

将来の海洋学者の芽をここで育みたいものです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

瀬戸臨海側の挨拶.

一番左のピンクの服を着た方は,エジプトのタンタ大学から瀬戸臨海に「外国人共同研究者」として来られている,

Nahra Omran准教授です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一週間お世話になる宿泊棟の説明.

おや,なんだか見た顔がいる気がしますが...きっと気のせいですよね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

避難経路の説明のついでに,公園化した番所山に登ってみました.

入道雲と青空のバランスが夏を感じさせます!

この後白浜はすさまじい暴風雨に襲われます.
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮崎先生によるウェルカムパーティ講義.

海洋生物の多様性に関するお話です.本来は朝倉先生の担当ですが,

大学院入試で不在のため,宮崎先生がピンチヒッターを引き受けられました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河村博士による顕微鏡の説明.

こちらも本来は宮崎先生のご担当ですが,先の講義の後に大学院入試に行かれたため,

河村博士がピンチヒッターで引き受けられました.
 

瀬戸臨海実験所実習担当の層の厚さによってなせる玉突きピンチヒッター術です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 みなさん大変丁寧に顕微鏡を扱ってくれました.

これから一週間をともにする相棒です.
 

さあ,真夏の実習が始まりますよ!


日本海でサンプリング!⑤

日本海サンプリングオフショット集!(`・ω・´)
 

IMG_1967

調査の合間に行ったタイ風ごはん屋さん.
 

IMG_1968

トムヤンクン冷麺をいただきました!

酸味と甘みの絶妙なコンビネーションを堪能しました!
 

IMG_1985

こちらはお世話になった山陰海岸学習の裏側.

ベンチで千徳博士が涼んでいます.

夕方になると本当に気持ち良い気候でした.
 

IMG_1986

兵どもが夢の跡.

広い干場とシャワーが完備されていて,

サンプリング後の後片付けも楽ちんでした♪
 

IMG_1965

とある漁港でコガモガイを確認してきた凌君.

世紀末覇者の雰囲気を感じます.
 

IMG_1995

サンプリング後は夜の街へ繰り出しました.

こちらは,億単位のお金をかけて建築された駅前のアーケードだそうです!

このアーケードの名前を付けた新種を記載したら,雇ってもらえませんかね?
 

IMG_1996

そして,鳥取のいい感じのお店に連れてきてもらいました.

なんと予約済み!
 

IMG_1999

な!岩ガキです!デカい!

夏場が旬だそうです!

冬に暖房ガンガンの部屋で食べるアイスクリームなんてどころじゃない美味しさでした!
 

IMG_1998

こんな素敵なお店に連れてきてくださった徳田さんに感謝です!

しかも,この後なんと5人分をおごってくださいました!
 

ええーーー!!
 

どういうことでしょうか.市大の江崎研究室メンバーのジェントルメンレベルの高さにただただ驚くばかりでした.

ありがとうございましたっ!!!
 

 IMG_2007

さらにこの後,スイーツの素敵なカフェバーに連れていってもらいました!

初めて訪れた鳥取は気候もいいし,食べ物も美味だし,いい人ばかりだしで,

私の中の都道府県ランキングトップに躍り出ました.
 

また来たいです!
 

    P7280017

調査メンバーでパシャリ.
 

徳田さん,白浜に来られた際には歓待いたします!

ということで,大変有意義な日本海サンプリングとなりました.
 
 

お世話になった鳥取県博の徳田さんをはじめとするスタッフの皆さん,

山陰海岸学習館の皆さん,

学習館に足を運んでいただいたダイビングショップの皆さん,
 

本当にありがとうございました!


日本海でサンプリング!④

 

サンプリングの合間に,鳥取県立博物館の特別展を見に行ってまいりました!

その名も・・・
 

IMG_1915

「胸キュン★サンゴ展~わたしを深海(うみ)につれてって~」

なんという乙女チックなネーミング!

胸キュンです!
 

IMG_1919

まずはサンゴの種類から説明です.

各説明パネルの前に,個性的なサンゴたちのぬいぐるみが並んでいます!
 

IMG_1924

中でも気に入ったのがこちら.
 

髑髏で表されたヒドロサンゴさん(笑)

ヒドロ虫には毒の強いものが多いので納得のデザインです!
 

ちなみにこれらは全て県博の職員の方が作られたそうですよ!
 

IMG_1926

生体も展示されていました!

サンゴの蛍光がよくわかるとても綺麗な展示になっていて,

思わずしばらく見惚れてしまいました.
 

IMG_1933

概観の一角がこちら.

i phoneのパノラマ機能を使った一枚
 

IMG_1937

こちらは,サンゴを観察してみようのコーナーです.
 

小さな実態顕微鏡とサンゴの破片が用意されており,

サンゴの骨格が詳しく観察できます.
 

こんな事されたら思わず観察しちゃうじゃないですか!

※じっくり観察しながら.
 

IMG_1948

深海サンゴのコーナーもありましたが...

ついつい立派なタカアシガニに目が行ってしまいました.
 

さすが世界最大のカニですね.

白浜水族館の飼育個体がまだまだミニサイズということがわかりました.
 

サンゴ展は今月末まで開催されています.

この夏,避暑も兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか?

鳥取は爽やかで非常に過ごしやすかったですよ!
 

そしてサンゴ展閲覧の後に,学芸員の徳田さんのデスクに案内されて...
 

IMG_1959

なんとモヅポロをお持ちでした!
 

私のacademistのプロジェクトにご支援いただいたそうです!

ありがとうございます!
 

こうして支援者の方に直接お会いできると,

研究を頑張ろうという気持ちがふつふつと湧いてきますね.
 

うおー頑張ります!

 


日本海でサンプリング!③

本日,京都大学の実習が終わりました.

台風の影響で一時は開催も危ぶまれましたが,

後半は天気も回復し,無事に終えることができました.
 

学生たちの居なくなった実習室は少し寂しくもありますが,

また8/22から始まる関西学院大学の実習に向けて英気を蓄えます!
 

ということで,まずは日本海サンプリングの報告の続きです!

今回は日本海で採れた生物を紹介しますよ!

※サンプル撮影用のいいカメラを忘れてしまったので,フィールド用のカメラで少し画質がアレかもしれません.
 
 

IMG_0197

ホヤの一種.いかにもホヤな形をしていますが,なんでしょうこれは.

鮮やかなオレンジです.
 

IMG_0198

そしてこちらは群体ボヤのイタボヤ.
 

IMG_0105

クモヒトデもいました!

これはアミメクモヒトデ科の一種かと思います.
 

IMG_0096

これはスナクモヒトデ科.

おそらくスナクモヒトデAmphipholis kochiiかと思われますが,顕微鏡で見ないと同定はできません.
 

IMG_0074

そして日本海の棘皮動物の代表格,イトマキヒトデPatiria pectinifera
 

というかどこにでもいるヒトデなのですが,なぜか白浜周辺にはイトマキヒトデがおらず,

トゲイトマキヒトデAquilonastra coronataなどが多く生息しています.
 

海蝕洞には行けませんでしたが,いろいろな生き物が採れてご満悦です(笑)


日本海でサンプリング!②

日本海サンプリング二日目!

ですが,残念ながらこの日も出港不可!
 

ということでこの日もシュノーケリング!
 

IMG_0125

鳥取県立博物館分館「山陰海岸学習館」近くの川からエントリー.
 

IMG_0142

こんな感じの半海蝕洞みたいなところに案内してもらいました!
 

まだ日が差し込む段階で陸になっていたのですが,

やや珍奇な雰囲気を醸し出す生き物ポツポツ見られました.

これはまた暗黒部を待つ更なる海蝕洞を再訪しなくてはなりません!
 

IMG_0150

やや波が高い中,りょうくんは頑張ってコガモガイをサンプリング中!
 

IMG_0042

海中を漂う赤い魚の群れ.
 

IMG_0143

ふじもんが,海藻にたくさんついていたアオウミウシを見せてくれました.
 

うーん,いたるところに分布しているのですね...
 

IMG_0169

日本海で一番度胆を抜かれたのはコチラ!

これはなんでしょう!
 

IMG_0178

でかいでしょう!
 

おまけにぬめぬめしています.

そしてさらに,柑橘系の匂いが漂います!
 

IMG_0162

じゃーん!ヤマトメリベというウミウシでした!
 

体長30 cmはゆうに超えます.
 

メリベウミウシは時々瀬戸臨海周辺でも見られますが,

こんなに大きくなるとは知りませんでした.
 

左側のびろーんがどうやら口で,ここをガバッと広げて海底をさらい,

微小な甲殻類などを食べるそうです.
 

発見時にはすでに死んでいたようで海綿を漂っていたところを

ネットに押し込んだのですが,その際に体についていた突起がバラバラになってしまいました...
 

できれば体全体を持って帰りたかったんですが,さすがにそれは断念して,

突起をひとつ持って帰りました.
 

続く.


日本海でサンプリング!

 

 

先日,鳥取に日本海の生物の採集調査に行ってまいりました!

目的は,実習での比較観察用の生物の採集と,

海蝕洞で深海生物が採れないかと期待していってまいりました.
 

調査一日目!
 

IMG_0003

高波のため,残念ながら海蝕洞へいくための船が出られないということで,

近くの浜でシュノーケリングということになりました!
 

IMG_0001

凌君も去年卸したばかりのウェットスーツに身を包みます!
 

IMG_0010

いざ着水!正直陸にいるときは暑くてたまりませんでしたが,

潜ってみるとなかなか快適でした.

ラッシュガード組は寒そうでしたので,引き分けでしょう! 
 

IMG_0029

日本海の生物その①!
 

ムラサキカイメン?太平洋と同種でしょうか.
 

IMG_0033

ホンダワラの仲間.イギリスでも見ましたが,

本当にどこにでも分布しているんですね.
 

IMG_0015

M2凌君のコガモガイも見つかりました!
 

分子系統地理学的な研究を行う上では,

なるべく多くの地点からのサンプリングが欠かせません.
 

IMG_0007

岩の隙間にウミシダも発見!色彩からニッポンウミシダかと思われます.
 

 IMG_0052

「無人島に漂着した人」を実演中.
 

IMG_0059

「ここは...どこなんだ...」
 

始める前は緊張と不安に押しつぶされそうだったのですが,

演技が始まると,自分でも驚くほどスムーズに役に入れて...

今は「漂着した人」を演じきることができて,とてもよかったと思っています.
 

続く


エジプト土産

京都大学臨海実習第一部+四部が始まっています!
 

台風

しかしながら台風11号の

この挙動です!

実は開催さえも危ぶまれたこの実習ですが,

なんとか接近する前にフィールドワークは終えており,

9, 10日と室内のウニ・ナマコの発生実験を行っております.
 

明後日にはまた干潟での採集行う予定ですので.

早めに通り過ぎ去ってくれるか,熱帯低気圧に変わってくれるのを祈るばかりです.
 
 

さて,実習の話題はまた後ほど詳しく報告するとして,

今日はうれしい貰い物がありました!
 
 

IMG_2098

こいつです!
 

一目見ればお分かりかと思いますが,これエジプトの絵です.

なんと本物のパピルスに書かれた,正真正銘のエジプト産です!
 

実は今白浜にエジプトのタンタ大学の准教授Nahraさんが客員として来られていて,

所員へのお土産にこれをくださいました!
 

アラビア文字ではBardy paperと言うそうです.勉強になります.

京大実習は9月も開催します.国際色が一段と増した瀬戸臨海で,是非とも熱い夏をお過ごしください!

 


イギリス旅行記オフショット集

移動日に少し時間があったので,
 

IMG_1147 (コピー)

研修も兼ねまして.
 

IMG_1158 (コピー)

ロンドンの自然史博物館に行ってまいりました!
 

IMG_1134 (コピー)

開館前から長蛇の列です!
 

IMG_1409 (コピー)

「扉をくぐると恐竜がお出迎え」
 

初めから派手な出迎えで,度胆をぬかれました.

館全体はレッド・グリーン・ブルー・オレンジの4つのゾーンに区切られており,

それぞれ違ったテーマの展示がなされています.
 

IMG_1185 (コピー)

こちらは入口すぐのブルーゾーン.

のっけから出し惜しみなく恐竜ですよ!
 

IMG_1180 (コピー)

これはトリケラトプスですね.恐竜ゾーンだけでも,

詳しく見れば1時間以上はかかるのではないでしょうか.
 

IMG_1235 (コピー)

そしてこちらは海産無脊椎動物コーナーッ!! 
 

IMG_1237 (コピー)

…と,思ったら展示準備中でした.
 

数時間後にオープンとのこと.

出発時間に間に合わないため,あえなく断念(;_;)

これはまたイギリスに来なくてはなりません!
 

IMG_1297 (コピー)

こちらはレッドゾーン(地学関係)の入り口.

一つ一つの展示に非常に手が込んでいます.
 

IMG_1314 (コピー)

熱水噴出孔に見られたハオリムシの展示.

なんとこれ,ぬいぐるみなのです!
 

IMG_1318 (コピー)

「神戸スーパーマーケット」の文字発見.

この中は地震体験施設になっていて,

阪神大震災の揺れが再現されていました.
 

IMG_1320 (コピー)

店内はなかなかの再現度.

揺れは若干抑え目でした

(本格的に再現したらアトラクションとして成り立たないでしょう)
 

IMG_1391 (コピー)

節足動物展示をフラッとのぞいてみました.

このような微小なミジンコから,
 

IMG_1392 (コピー)

  世界最大の節足動物のタカアシガニ(日本の固有種です!)まで!
 

IMG_1226 (コピー)

思いがけず世界有数の博物館を見ることができました!
 

とはいえ,とても数時間の滞在時間では回りきれませんでした.
 

次はまた研究で訪れたいものですね!

 

 

 

 


イギリス旅行記⑨

あらすじ

 
 

IMG_1803 (コピー)

イギリスののどかなリゾート地に取り残されたMokanishi!
 

IMG_1833 (コピー)

復路便は既に予約済み!

出発まで3時間あまり!
 

IMG_1807 (コピー)

果たして島を楽しむことはできるのか!?
 
 
 

IMG_1816 (コピー)

Wight島の位置説明(゚Д゚)!

ポーツマスはイギリスの南部にあります.
 

無題

そしてポーツマスから見て南西に浮かぶ島こそ,Wight島です(矢印)!

イギリスに来るまで知りませんでした!
 

IMG_1830 (コピー)

船着場近くのスロープ.

ホンダワラSargassumの仲間が繁茂しておりました.

それにしても生い茂りすぎじゃないでしょうか. 
 

IMG_1812 (コピー)

船着場を少し離れるとすぐにのどかな公園がありました.

休日の早朝ということもあり,犬の散歩中の方多数.
 

IMG_1817 (コピー)

さらに歩くと,メチャオサレな町並みに出くわしました.

 
 

IMG_1820 (コピー)

あ!これは!
 

IMG_1819 (コピー)

海綿です!海綿が流通しています!
 

これぞ欧米!これで横にパン屋があればもう魔女宅じゃないですか!!

※ありませんでした. 
 

IMG_1825 (コピー)

さらに続く街並み.おや,遠くの方に何か見えますね.
 

IMG_1828 (コピー)

デッカイ教会に出くわしました!

周囲の人気から察するに特に観光名所でもない模様.

キリスト文化圏であることをあらためて実感.
 

IMG_1831 (コピー)

ヨットハーバーを眺めながら,アイスコーシーをキメました.

上に乗ってるクリーム(激甘)はいらないのにデフォルトでついてきました.
 

ちなみにこれをもらった時点でホバクラ出発15分前.

結構焦って飲む羽目になりました.

注文は計画的に!
 

IMG_1835 (コピー)

そして無事に帰着便に乗り込みました.

何の予告もなく30分くらい遅れたのですが,

乗客が1ミリも焦っている様子がありませんでした.
 

IMG_1836 (コピー)

そしてロンドン行の電車に無事滑り込み!
 

何の下調べもせずに勢いで渡ったWight島でしたが,

やはり手持無沙汰感満載でした.

足がパンパンになりました.
 

アドリブ効かない人間であることを実感しましたね.
 

旅の下調べは重要です!
 

ということで,これにて,ひとまずイギリス旅行のメインストリームの報告は終了です!
 

続く.


イギリス旅行記⑧

みなさん
 

IMG_1746

これなんだかわかりますか?
 

IMG_1769

ホバークラフトの乗船券です!
 

IMG_1747 (コピー)

学会最終日の翌朝,再びホテルに集う棘皮研究者たち.

そう,今日はエクスカーションなのです!

エクスカーションとは!
 

訪れた場所で案内人の解説に耳を傾けながら参加者も意見を交わし、

地域の自然や歴史、文化など、さまざまな学術的内容で専門家の解説を聞くと共に、

参加者も現地での体験や議論を行い社会資本に対する理解を深めていく「体験型の見学会」です。

参照URL: http://www.cbr.mlit.go.jp/kikaku/excursion/01.htm
 
 

ということです!
 

ほとんどの国際学会では,学会予定日のどこかでエクスカーションが挿まれます.
 

地域によってまちまちですが,これまでの参加経験でいえば,

オーストラリアでは「山頂からの自転車でのライディングツアー」

ドイツでは「ビール工場見学ツアー」
 

などです!

中でもビール見学は最高でした.何より見学の最後のビール飲み放題g
 
 

そして今回のエクスカーションは!
 

IMG_1752

藤田先生と石田先生のこの恰好を見てお分かりの通り!
 

島での地質見学ですよ!
 

私はこの日に出国予定だったので正式に申し込んではいなかったのですが,

フライトまで時間があったので,フラッとみなさんについていくことにしました.
 

ちなみに,渡航するWight島は,ポーツマスからホバクラで約10分で行けちゃう小さな島で,

なんとリゾート地らしいのです!

そりゃあいくっきゃないっしょ...
 

IMG_1763 (コピー)

ということで,ホテルから歩いて3分の港でホバクラ待ち.

Mikeさんもこの笑顔.

そしてついに!
 

IMG_1759 (コピー)

ゴゴ・・・
 

IMG_1764

ゴゴゴ...
 

IMG_1765

ゴゴゴ...
 

IMG_1766

ズーン!(上陸!)
 

意外にスムーズにホバクラが上陸ッ!
 

 IMG_1773

これがッ!ホバーのッ!室内ッ!

半分くらいは棘皮研究者という,近年まれにみるであろう星密度です.
 

IMG_1775

ズズ...
 

IMG_1776

ズズズ...
 

IMG_1777

ザバーッ!(着水)

車輪がないので,転回も着水もとてもスムーズ!
 

ほんとに約10分でWight島に着いちゃいました!
 

IMG_1784

正面からの雄姿をパシャリ.
 

IMG_1789 (コピー)

島でAndy博士がお出迎え& ご説明.

博士はなんとWight島にご在住とのこと.

リゾート地からの通勤とかうらやましい限りです!
 

IMG_1799

そして,彼らはバンと車に分乗して,エクスカーションにでかけました.

この後,wight島を巡って地質調査(化石堀り)を行うそうです.
 

帰りに合わせると飛行機に乗れなくなるので,私はここでお別れしました.
 

また逢う日まで!
 
 
 
 
 
 
 
 

まあ...
 
 
 
 
 
 
 
 

「え,マサは昼までやることがないのかい?」
 
 
 
 
 

「OK!じゃあそれまで一緒に行動しよう!さあ!バンに乗れよ!」




っていうのを...
 
 
 
 

期待してなかったといえば嘘になりますが...
 
 
 
 

結果的に...
 
 
 

IMG_1801 (コピー)

見知らぬリゾート地にぼっち...?
 

続く


応援メッセージ

先日,チャレンジ期間を終え,無事にサクセスしたacademistですが,

実はみなさんにたくさんの応援メッセージをいただいておりました.
 

↓画像をクリックすると以下のページに飛びます.矢印のタブから応援メッセージがみられます!
 

okanishi

それがどれもとてもうれしいものばかりで...

以下に,いくつか紹介したいと思います.
 

ouen2

例えばこのメッセージ
 

「テヅルモヅルは昔から好きでした.このような研究に貢献できることを光栄に思います.」
 
 

ありがとうございます(´;ω;`)
 
 

感涙ものです.このようなメッセ―ジを頂けて,こちらここそ光栄です.
 

そしてこんなものも
 

ouen1

「初めまして、もづると申します。友達のてづると二人で、てづるもづるという漫才コンビをやっています。(趣味の漫才コンビです)ヤフーニュースで、アカデミアのことを知って、標本が欲しくて駆け込みましたが、間に合わず。。もづるTシャツが欲しくて一口乗らせて頂きました。分類は気長にコツコツなので大変ですよね。私も昔、菌類の同定をやっていたのです。不真面目だったので今は研究とかやってないですけれども。とても綺麗でこんがらがっているてづるもづるの不思議な謎を是非、解き進めて下さい。頑張って下さい、楽しみにしてます。てづる。」
 
 
 
 

「初めまして、もづると申します。友達のてづると二人で、てづるもづるという漫才コンビをやっています。」
 
 
 
 

「てづるもづるという漫才コンビをやっています。」
 
 
 
 

マジですか!?
 
 
 
 

そんなコンビがあったら,こちらこそ漫才を拝見したいものですが...

少なくとも検索には引っかかりませんでした. 
 

いつか漫才を見せていただきたいものです.
 

少し前にもブログで述べましたが,マイナーな研究に従事するものにとって,

このような応援メッセージは何よりの励みになります.
 

ただいま,メッセージに少しずつ返信中です!
 

そして現在,同僚の千徳博士が,academistにチャレンジ中です!
 

sentoku

研究テーマ「光が不要なサンゴの古生物学的研究」です!
 

リターンもTシャツや標本だけでなく,サンゴストラップやサンゴマウスパッド,サンゴフォトフレームなどなど...
 

私の時よりもオシャレで豪華なものばかりですね(゚Д゚;)
 

千徳博士は優秀な古生物学研究者です!
 

研究内容は保証いたしますよ!
 

研究業績はコチラ
 

応援しております.成功するとよいですね!


イギリス旅行記⑦

さてさてそろそろ佳境に入ってきたイギリス放浪記も,

気付けばもう第七弾です!
 

IMG_1679 (コピー)

二日目はもう最終日です.

ポスターを肴に,皆ここぞとばかりに棘皮話に花を咲かせます.
 

IMG_1672 (コピー)

一つ,面白いポスター発表がありました.
 

Lea Numberger-Thuy & Ben Thuy

“Spiny celebs: echinoderms named after echinodermologists”
 

タイトルの和約は,「トゲトゲのセレブ達:棘皮動物研究者の名を関した棘皮動物」

といったところでしょうか.
 

これまでに棘皮動物学者に献名された棘皮動物をまとめたリストです.
 

IMG_1673 (コピー)

今大会に参加されていた入村精一(Seichi Irimura)先生や,

石田吉明(Yoshiaki Ishida)先生の名前がありました!
 

献名は,多くの場合は尊敬の念を込めて行われます.

生物の学名に自分の名前が含まれる事は,基本的には名誉なことだと考えてよいでしょう.
 

IMG_1669 (コピー)

今年私がSabineさんに献名したAsterostegus sabineaeも掲載されていました.

私もいつかは献名されるよう精進せねば!
 

ちなみに,このポスターの作成者は(本人不在でしたが),

ドイツのクモヒトデ貴公子Ben君の奥さんです.
 

IMG_1680 (コピー)

気付けばついに学会もクロージングのお時間です.

最後に,学生発表賞が発表されました!
 

IMG_1685 (コピー)

今回は口頭から二人,ポスターから二人の計四人が選ばれました.おめでとうございます!
 

授与者はロンドン自然史博物館のA. B. Smith博士です.

専門はウニの系統進化ですが,棘皮動物全般を扱われており,

もう20年も昔ですが,クモヒトデ全体の系統に関する論文も出版されています.
 

Natureなどに論文をバンバン出版されている,憧れの人です.

今回,私の発表に質問してくださったことは,何気に自慢です(`・ω・´)
 
 

IMG_1695 (コピー)

後ろ髪をひかれながら会場を後にする棘皮動物学者たち.

次は来年の棘皮動物国際会議@メキシコでしょうか.
 

その時まで,さらば!!
 
 
 
 
 
 
 

と思いきや...
 
 
 
 
 

IMG_1710 (コピー)

宿泊所前ににわかに集合し始める棘皮動物学者たち...
 
 
 
 

そして...
 
 
 
 

IMG_1720 (コピー)

ラストパ―ティー開催です!
 

IMG_1715 (コピー)

どうせ明日は移動日かエクスカーションを残すのみ!

大いに飲んでやりましょう!
 

「なぜ,棘皮動物研究を始めたのか?」
 

「各国の研究者の就職状況は?」
 

「『棘皮動物』って言っても,だれもわかってくれないんだよねwww」
 

「Brittle star (クモヒトデの英名)って言っても,だれもわかってくれない...

みんな『Star fish (ヒトデ)の仲間ですか?』っていうんだwww」
 

「わかるwwww」



などなど,棘皮動物+研究の話に大いに花が咲きました!

どの国でも同じような悩みがあるのですね(笑)
 

Hey you!! 

IMG_1727 (コピー)

食ってやる!!
 

 

こんな大きなハンバーガーが売られていました.

中はポークのカツでしたが,これがとても美味しかった!

結構値段は張りましたが...

IMG_1732 (コピー)

Ben君は,ドイツ人チームと飲んでいます.
 

IMG_1737 (コピー)

夜も更け,そろそろ帰るものもちらほら.

左の男性は,ロシアの学生のAlexander君です.

数少ないクモヒトデの古生物屋さんです.
 

一方,手前の大柄な男性はドイツのMikeさん.

ナマコの古生物屋さんです.
 

こんな風にして,各国入り乱れてワイワイやりながら,

ポーツマスの夜は過ぎていきましたとさ.
 

棘皮動物屋さんはいい人ばかりです.

棘皮動物が研究したくなったそこのあなた!
 

われわれはいつでも腕を広げて待ち構えていますよ!
 

キャッチッ!(棘皮的合言葉)
 

続く

 

 


駒井先生のアンケート

イギリス日記は中断して,今日はちょっとパクリ(笑)の記事を書きます.
 

今日の瀬戸臨海実験所のブログに,同じタイトルで講師の宮崎先生が記事を書かれています.
 

実験所の初代所長駒井卓先生(1886-1972)へのアンケートに関する内容です.
 

詳しい内容は,宮崎先生の記事をご覧になられればと思いますが,

私は駒井先生のアンケートに対する回答に感銘を受けました.
 

これは,ある出版社が著名な学者・教育者に

「時代の第一線を切らんとする青年大衆はいかなる準備を必要とするか」というアンケート調査ということで,

駒井先生は以下のように答えられたということです.
 

質問1.貴下が現在の職業に入られた理由もしくは動機。
回答1.外に能がありません事と生来動物学が好きなので選びました。
 
 

質問2.貴下関係の職業に進まんとする青年はとくに如何なる資格を必要とするか。
回答2.好きなことが何よりの資格です。それと財政的に苦しむことを厭わぬこともそれです。
 
 

質問3.貴下の職業で特に楽しいこと、特に苦しいことは如何なることか。
回答3.楽しいと思うことは研究そのものの中に無論ありますが外に人に空々しいお世辞を言わなくてよいこともうれしいことです。苦しいのは自分の才能の不足と不勉強とそのため良心に責められることです。

宮崎先生と同様,回答③の後半にハッとさせられました.

駒井先生といえば,亡くなられて40年経ちますが,私でも名前に聞き覚えがある著名な先生です.

その駒井先生の「自分は無知である」との回答に対し,

私は自分の書架の寂しさにただただ身を恥じるばかりです.
 

先週発売されたとある雑誌のとあるマンガに,「無知の不知」は,大罪であるとの記述がありました.

大罪とまではいかずとも,人生を貧しくする要因の一つかもしれません.

例えば自然科学者にとって自然の奥深さは脅威であり,どれだけ勉強を重ねようとも,

その真理に到達することは(近づくことはできても)ほぼ不可能と言えるでしょう.

そしてそれは,知識の増加に伴いリアライズされ,人によっては絶望してしまうかもしれません.
 

研究を行うにあたり,「無根拠な達観」は驕り以外のなんでもないでしょう.

例えばツルクモヒトデ目に関して,私は系統分類に関してある程度の成果を上げたつもりではありますが,

では発生は?機能形態は?生理学,行動は?種分化は?と言われれば,皆目見当もつかないことばかりです.

また,今後技術の発達や調査技術の発達によって未知のテヅルモヅルの形質が発見されれば,

新たに分類体系の改変を迫られることもあるでしょう.

すなわち私は,何にも達していないに等しい状態です.

かろうじてスタート地点に立った,と言えるくらいでしょうか.

分子系統解析にしても,一昔前は,限られた施設が必要でしたが,

今では標準的な手法といえ,

優れた教科書やウェブサイトを参考にすれば,誰でも気軽に行えるようになりました.

大切なのは,系統樹を書く事でなく,系統樹が意味するところを読み取れる自然の知識です.

様々なプログラムや,系統樹作成法に関するソフトウェアが次々に開発されている現在,

「自分にはもう勉強は必要ない」だなんて,誰が思えるでしょう?
 

もう一つ,この記事から人から学ぶことの大切さを改めて自覚しました.

知識を蓄える手段の一つは「自発的な学習」ですが,「他人への師事」も有効でしょう.

自分の無知を知れば,自ずと他人の力量もわかるはずです.

白浜に来て2年,本当にたくさんのことを学ばせていただきました. 
 

特にメイオベントスやプランクトンは,いまでも種によっては同定ができません.

しかし先生方はいつでもその場でぱっと答えてくださいますし,

そうでなくても後で参考書籍とともに,必ず答えに近いものを提出してくださいます.

その度に自分の不勉強を感じています.
 

特技や専門の知識は,人それぞれだと思います.

もちろん,その人に足りないものも.

お互いに足りないものを補いあいながら,

「尊敬の念」をもって自然に関する知識を交換することで,

より確かな「科学的結論」へと向かえるのではないでしょうか.

白浜にいる間は,少しでも先生方の知識を吸収したいと思っています.
 

なんだかとりとめのない話になってしまいましたが,

もうすぐまた実習ラッシュが始まるにあたり,刺激を受ける記事を目にしたので,

意気込みの表明と備忘録も兼ねてこのような記事を書いてみました.
 

明日からまた頑張ります!


イギリス旅行記⑥

イギリスから帰ってだいぶ経ちますが,まだまだ旅行記は続きますよ!

さてさて,お昼休みの時間はポスター発表も兼ねています!
 

IMG_1587 (コピー)

藤田先生は,相模湾産の海シダ類の発表をされていました.

お話されているのは,ブルネイのDavid Lane博士です.
 

IMG_1583 (コピー)

石田先生も,日本産のクモヒトデ化石の発表をされておりました.
 

スペインのGallemiさんとお話中です.
 
 

さて,ランチについての事前説明がまったくなかったので,

外食を検討いたところ...
 

 IMG_1591 (コピー)

なんとケータリングでランチのサービスが!

待てば海路の日和ありです!
 

IMG_1593 (コピー)

サンドイッチと中華とタイ料理のミックスです!

このタイミングで食べる中華の美味しかったこと...!
 

IMG_1599 (コピー)

神奈川大学の斎藤君も,同じ日に発表でした.
 

ブンブクが,天敵の巨大巻貝「トウカムリ」からどのように逃避行動を進化させてきたのかを,

化石記録と飼育実験から検証した大変興味深い研究発表でした!
 

IMG_1607 (コピー)

一日目の帰り際,会場の外でパシャリ.

これからバンケットです!
 

IMG_1614 (コピー)

地図を頼りに歩くこと20分...
 

IMG_1628 (コピー)

つきました!この半分植物に覆われている建物が,

バンケット会場の”Kitsch’n d’or”です.

実はこれは全て蒲萄ということでした!

さすが欧州だぜ...
 

IMG_1632 (コピー)

バンケットが始まるまで,外でしばらく舌を湿らせました.

く...オサレだぜ...
 

IMG_1643 (コピー)

お食事がはじまりました!なかなか濃ゆいテーブルにつきました.
 

一番左(ちょっと切れてますが)は,オーストリア博物館のAndreas Kroh博士で,

化石,現生のウニを扱って,スケールの大きい進化学的研究をされています.
 

IMG_1647 (コピー)

イギリスのお食事ッ!!

ムール貝ッ!!
 

IMG_1653 (コピー)

その二!ステーキ!

こんな分厚いステーキ食べたことがありません!!

たっぷり堪能しました!
 

IMG_1662 (コピー)

ということで,この日も楽しい食事とお酒に囲まれて過ぎて行きました.

気候も良く,この頃にはすっかりイギリスが好きになってしまいましたよ!
 

続く


イギリス旅行記⑤

 ウェルカムパーティから一夜明け,

いよいよ2014EECが始まります!
 

IMG_1543 (コピー)

学会場のポーツマス大学 Richmond Building.

色あい鮮やかなオシャレビルディングです.
 

IMG_1546 (コピー)

学会ポスターには,ウミシダの粋な写真が使われています!
 

IMG_1547 (コピー)

こちらがレストフロア兼ポスター会場.

今回はいつもに比べて人数少なめなので,この1フロアにすべてが収まりました.
 

外観もさることながら,とてもカラフルな建物が多い大学でした.
 

IMG_1555 (コピー)

藤田先生(右)と,クモヒトデ化石研究者の石田先生(左)も,

せっせとポスターを貼っています!
 

IMG_1559 (コピー)

こちらは口頭発表会場.
 

どの場所からでも見やすいコンパクトな会場です!

入口(右奥)から席に着くためには,演者の目の前を通らなくてはならないため,

途中での入場が非常に困難な作りになっています.

おそらく講義を抜けにくくする(あるいは途中参加する)ための策略ではないかという結論に落ち着きました.
 

IMG_1562 (コピー)

いよいよ学会が始まります!

各国の研究者たちが着席!
 

IMG_1567 (コピー)

Ben Thuy君から口頭発表が始まりました.

最新の形態と古生物学的視点からクモヒトデ系統を探った興味深いお話でした.
 

IMG_1575 (コピー)

この日が私の発表でした.
 

「キヌガサモヅル(Asteronyx loveni)の生物地理学的な研究」です.

世界中に分布しているといわれている本種ですが,

実は日本産の個体だけでもいくつかの種がいそうということがわかっています!
 

専門の分類の話でないのでちょっと緊張しましたが,

無事に終えることができました.
 

いくつかうまく答えられなかった質問があったのですが,

後から考えると当然のごとく予想できた質問で,悔しい思いしました.
 

質問想定の重要性を改めて自覚しました.
 

次は頑張ります!

続く.
 


イギリス旅行記④

イギリス旅行記第4弾!
 

あらすじ

まさかのノンアルコールで始まった2014 European Echinoderm colloquium!

はたしてパーティは盛り上がるのか!?
 
 

ノンアルコール状態が一時間ほど過ぎ,お腹がほぼミートで満たされた頃,

オーガナイザーのAndy博士から驚くべき報告が.
 

IMG_1505 (コピー)

Andy「BARがオープンしました(飲み放題です)!」
 
 
 
 
 
 
 

最初から言ってくれよ!
 
 
 
 
 
 

こっちはもうお肉でお腹いっぱいだよ!
 
 
 
 
 
 

絶対飲ませないための策略だと思います.
 
 
 
 

  IMG_1508 (コピー)

ということで,お酒も入り,各国ごとにまとまっていた状態から,

いい感じにインターナショナルになってきました.
 

茶色いTシャツの恰幅のよい男性は,

スペインバルセロナの地学博物館のGallemiさん.

白亜紀あたりの棘皮動物化石のプロフェッショナルです.
 

「次(3年後)の会議は,健康上の理由できっと出席できないよ」

と言っていたのが冗談に聞こえなかったのが印象的でした.
 

IMG_1511 (コピー)

ピンクの服を着ている女性が,スウェーデン自然史博物館のSabine博士.
 

世界でも数少ないクモヒトデの専門家です.
 

私が最近発表した新種Asterostegus sabineaeは,実は彼女に献名しています.

非常に優秀な分類学者で,様々なタクソンを発表されています.

 
 

IMG_1518 (コピー)

日も落ちて盛り上がってまいりました!
 

一番手前のポニーテールの男性は,ルクセンブルグ博物館のクモヒトデ化石屋のBen Thuy君です.
 

彼も非常に優秀で,飛び級で博士をとるわ,200頁以上の論文は書くわ,4カ国語以上しゃべれるわ,既に就職してるわ,1児の父でおまけにイケメンという,非の打ちどころの無いジェントルメンです.悔しいのでここでは顔写真は見せません!(笑)
 

IMG_1515 (コピー)

元指導教官の藤田先生が寝てしまいました!
 

IMG_1520 (コピー)

と思ったらすぐに復活されました!

飲み会は一度寝てからが本番というのが藤田研流です!
 

IMG_1529 (コピー)

その後,室内に移動して続き.
 

実は金沢先生と藤田先生は同期で,学会の際にはいつも仲良くされています.

私も戦友たちといつまでも楽しく飲りあいたいものです.
 

例のごとく,みなさん夜更けまで旧交を深め合いましたとさ.

明日からはいよいよ学会本番です!
 

続く.