Skip to content

2014年11月2日~8日 タイ・プーケットサンプリング

タイの水族館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プーケットで滞在したホテルから歩いてほんの1分のところに,その水族館はありました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大な駐車場!あいにくの天気で車は見当たりませんが,

早くも館内のキャパシティの高さが予想されます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供と飼育員さんのふれあいに心が躍りますね!

右上の方に,人魚的な人物がいますが,

この方については後々触れられますのでお楽しみに.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

看板の片隅にあった謎のロゴ.

これ,何?

何かの幼生のようですが...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんとチケット売り場を通る前のタッチプールが

いきなり棘皮天国です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コブヒトデから,ゴツゴツのナマコから,

入口でいきなり心をつかまれました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

館内はこんな感じ.照明の感じといい,

筒型の水槽といい,なかなか雰囲気はオシャレですよ!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは淡水魚コーナー.ナイフフィッシュと呼ばれる類だそうで,

正面から見ると,その理由に納得せざるを得ない薄さでした.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電気うなぎ.とあるマンガ書籍で電気ウナギの恐ろしさを叩き込まれた私には,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この説明図のリアリティにただただ恐怖するのでした.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに奥に進むと海水コーナーが!

色とりどりの魚たちにまぎれて...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはなかなかの作り物ですね.

造礁サンゴの作り物はよく見かけますが,

ヤギの作り物は初めて見たかもしれません.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キレイなミノカサゴ
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やたら黄色いウミスズメ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お,これは有名なVeronのサンゴの解説図では?

きちんと作られたものはワールドワイドに通用するのですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンゴフィギュアが展示されていました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手元のボタンを押すと...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

該当するサンゴが光ります!

よーく見てください!光ってますよ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クモヒトデもいました!

一応属までは調べられていましたが,実際には検鏡しないとわかりません.
 

やはり自分の研究対象には

ついつい魅入ってしまうのが研究者の悲しき性ですね.


タイへ行ってきました⑫

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船の出航時間が迫ってきたので,コテージに戻っていると...?
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと道端にウシさんが二頭!この島はウシさんパラダイスです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのウシさんはコチラwお向いてくれませんでしたが,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの実にウシらしい柄のウシさんは,

正面から撮れました!いえーい!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなこんなで,プーケットに帰る時間になりました.

同じく帰り便を待ち受ける観光客で,ビーチは溢れています!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

対して明らかに観光でない我々(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やや天候が不安でしたが,無事に帰ることができましたとさ.


タイへ行ってきました⑪

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査が終わった翌日,本島行の便の出港まで時間があったので,

ちょっくら島を散歩してきました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかなか風流な眺めです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時々,小さな池がありました.

こんなつり橋もあったのですが,普通にすぐ横に回り道できる道があったので,

実用的なものではないのかもしれません.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお,なんかめっちゃリゾートチックなコテージ海岸が見えますよ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ホテル居住者のみ」
 

ちきしょう!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落胆してとぼとぼ歩いていると,おお,牛さんじゃないですか!

しかもこいつは角の形からして水牛っぽい!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水牛さんも交えた写真を撮れて満足です!


タイの水族館②

 

ずいぶん前のことになりますが,

タイの水族館のレポートが途中になっておりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中から無脊椎も本気を出してきましたよ!

赤と白のストライプが美しいサラサエビ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラに向かってポージングをしてくれました.

すかさず激写!!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホネナシサンゴ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして最後はまたお魚ゾーンへ.

なんだか考え込んでいるタツノオトシゴ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大なタマカイ.こんなのと一緒に泳げたら,楽しいでしょうねえ.

※ただし,稀にダイバーに強力な一撃を加えることもあるそうです.注意!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海中トンネルまでありました!

定番のエイが真上を通過してくれて満足!

しかし,エイの口側って何とも言えない顔に見えますよね.
 

そうこうしているうちに,イベントの時間が始まりました!

薄暗いシアタールームのような場所に行くと...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何と人魚のロボットが!

何年か前に韓国で開催された環境保全のイベントで作られたそうです.

かなり滑らかに動いており,音声に合わせて口を動かしていました.

タイの技術力の粋をみましたよ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お客さんは我々のみという贅沢さ!

広々空間で,保全について学びました.

因みに,後で判明したのですが,この人魚のロボットは日本製だそうです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出口(入口)付近に,なぜかヒトデの詳しい体の仕組みのパネルや,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナマコの食事法についてのパネルが展示してあることに気づきました.

何故かわかりませんが,この水族館ではずいぶん棘皮動物を贔屓にしてもらっているようです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こ,これはナマコのデミグラスソース煮込み!!??

う~~ん,これは棘皮動物研究者としては一度は食べておかねばならない代物ですね.
 

こんな感じで,タイの最終日は過ぎていったのでした.
 

ちゃんちゃん.

 


タイに行ってきました⑩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天候不順もありましたが,

最終的には,全日程でダイブを行うことができました.

目的としていたニシキクモヒトデも得られ,

実りある採集になりましたが,

水中でいくつかの調査用具を失くしてしまい,

ダイビング調査に真剣に向き合う良い機会になりました.



そして,調査の終わりといえば...
 
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同時に打ち上げの始まりを意味するのですよ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の夜ですから豪勢ですよ!
 

牛肉の野菜いため,空芯菜,そしてタイカレー...

タイフードは本当にどれも美味しいです.

住んだらきっとぶくぶくになってしまいます(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかでもこいつは別格でした.

生姜の切り端がまるまる入ったスープですが,
 

まあ辛いこと.
 

タイの本気を見ました.
 

これを食べたら,しばらく味覚が失われます

しかしながら,辛さの奥にしっかりとした旨さが秘められており,

喉もと過ぎて辛さを忘れた頃に,

ついついまた手を伸ばしてしまう魔性のスープです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カニだって食べちゃいます!

おそらくタイワンガザミかと思います.

店内の生け簀から採れたてほやほやを蒸してくれました!
 

注文の際に,「Death or live?(カニが)」と聞かれて,勿論liveを選びましたが,

Deathはいったいどういう選択だったのでしょうか. 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カニの身ディップ用の甘辛ソース.

タイでは,ほとんどの食事で唐辛子,砂糖,魚醤などの

追加調味料が伴います.

自分ごのみにカスタマイズできる良き国です.

(上記スープのように初めから選択肢がないこともあります) 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はビールに合うTENPURAで〆!
 

食事が終わったころに合流したPiyaさんが,

酒のつまみにと注文してくださいました.
 

日本のものよりちょっと衣が硬い感じでしたが,

しっかり下味がついていておいしかったですよ!
 

こうしてRacha島最後の夜は過ぎていきましたとさ.
 

続く.


タイに行ってきました⑨

 

タイでの調査について,いろいろ書いてきましたが,

肝心の収穫をお見せ致しましょう!
 

IMG_7175

収穫その①「チビクモヒトデ」

まずは小手調べ.世界中の海岸域に生息していると言われているクモヒトデです.

分裂によって増え,時々水族館の水槽などにうじゃうじゃ沸くことがあります.

でも悪さはしません...多分.
 

IMG_7349

その②「トゲクモヒトデ科の一種」

おそらくトゲクモヒトデ属Ophiothrixかと思いますが,検鏡しないとわかりません.

IMG_7355

なかなかカラフルな種です.

この類は,ダイビングではほぼ必ず採集することができます.
 

IMG_7410

その③「オニクモヒトデ」?

これはなかなか味わい深い色彩ですね...
 

IMG_7422

こちらは盤の拡大画像.

配色や,このような盤上にみっしり生えた棘から同定していますが,

やはり実際には顕微鏡で口側などを見て見なくてはなりません.
 

IMG_7443

その④「ウデナガトゲクモヒトデ属の一種」

その名のとおり,腕がながーーーいクモヒトデです.
 

IMG_7450

うーん,よく見ると盤上を覆う微小な突起がかっこいいです!

うっとり...
 

ちなみに,腕の付け根に見える三角系の部分は輻楯(ふくじゅん)と呼ばれており,

その形,大きさ,刺などの被度などが分類形質となっています.


 

こんなふうに,ひとくちにクモヒトデといっても,

よーく見るといろんな形があってかっこいいのですよ!
 

IMG_7460

ちなみにこちらが口側.
 

ふわふわ触手みたいに伸びているのは,そのまんま「触手」と呼ばれるもので,

ヒトデやウ二が移動に使う吸盤(管足と呼ばれます)と相同です.
 

クモヒトデでは腕自体をくねくね動かして移動するので,

この触手に移動するほどの吸着力はありませんが,

その他様々な事に使われており,

例えばこの種では触手を使って腕の先で捉えた餌を,

口まで運んでいるのを見かけます.
 

腕を伸ばしたままで自動的に餌を得る...

夢の寝そべり生活ですよ!


 

IMG_7464

そして,これが今回の目玉ですよ!

このヤギをよーーく見てみると...?
 

IMG_7470

クモヒトデが絡んでいます!
 

その⑤「ニシキクモヒトデ」です!
 

今回はじめて,タイの西側のアンダマン海で採れました!
 

IMG_7481

タイの東側のタイ湾では,一つのヤギに様々な色彩変異が見られましたが,

こちらのものはどうも全て同じ色彩のようです.
 

そもそもこれらは同じ種なのか?

それとも色が違えば別種なのか?
 

このようにある種の色彩一つをとっても,

まだまだわからないことだらけです.
 

タイにおいては大雑把な種数も分かっていない状況ですが,

私が三回調査しただけでもこれだけの種が採れ,

その多くが分類学的な問題を抱えています.
 

このような状況ですから,例えば,

「タイにはどれくらいのクモヒトデがいるの?」

という質問の答えをだすためには,10年以上はかかるでしょう.
 

と言って,やる人がいなければ,また数十年,

タイのクモヒトデの種数はわからないままです. 
 

クモヒトデに限らず,多くの無脊椎動物の分類学的研究は,

まだまだこんな状況です.
 

しかし,実際にはいろんな分類学者が,

日々自分の研究対象の謎を解明すべく,

細々と頑張っています.

応援してくださいね!
 

ということで,たまには自分の研究話でした!
 

続く.


タイに行ってきました⑧

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビング調査が終わったある日,

コテージの前のジャングルを眺めていると...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おや...?
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと!
 
 
 

ヤシの木のてっぺんに人がいます!

どうやらこれ,ヤシの実の採集現場のようです.
 

登った人がヤシの実を採集し,

ロープにくくりつけて吊り下ろします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の人はそれを受け取り...
 

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

運ぶ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして上の人はどうやって下りてくるかと思ったら...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

両足首をロープで結んであります!
 

このロープの摩擦でしっかりと足とヤシの幹を固定することで,

尺取虫のようにするすると降りてきていました.
 

登るときも同じ原理です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チラッ!
 

カメラ目線をいただきました!

タイの人々はサービス精神旺盛です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私もやってみましたが...
 

1 mも登れませんでした(笑)

立派なヤシ職人になるにはまだまだ鍛錬が足りないようです.
 

とある南国の昼下がりの出来事でした.

 


タイに行ってきました⑦

そろそろRacha島のご説明をば.

この島は,タイ南西部プーケット島

(島といっても,タイ本土と短い橋で繋がれているだけです)より,

南へ20kmほどのところに浮かんでいます.
 

インド洋の青い海と白い砂浜に囲まれて,

「この世の楽園」とか言われるような観光地のようです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがその楽園の地図.

ダイビングショップのものなのでダイブポイントの表示に特化しています. 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し散策すると地図が見つかりました.

人の活動域は,島の北側に限られているようです.

ちなみに南には小高い山が並んでいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々が滞在したスキューバショップ周辺の様子.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他の集落への通り道に位置しているため,

時々観光客を乗せたトラクターが走っていくのを目にします.
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さな集落ですがコンビニもあり,

ビールも売られていて品揃えは豊富です.


 

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤシの木が南国感を醸し出しています.

ある程度の間隔を保って植えられているところを見ると,

おそらく園芸的に植えられたものもあるようです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

街灯代わりに,豆電球が柵に巻きつけられていました.

風流ですねえ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家畜として連れてきたところ,

いつの間にか牛が増えていたのだとか.

普段は草原に寝そべっていますが,

お昼時には,こうしてご飯をおねだりしに集落に現れるようです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラを構えていると...おやおや...?
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おやおやおや??
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

牛を連れてきてくれました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

牛さんのアップ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアップ!うひょーーー!
 

とても人懐こい牛さんでした! 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この牛はその後,藤田先生の乾燥中の荷物に,

ちょっかいをだしに行って怒られてました(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方になるとセパタクローが行われていました.

たまにはこんな南国時間に身を任せることも大切かもしれませんね.
 

続く.