Skip to content

2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング

2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑱

 

このところ研究集会があったり,学生実験があったりでやや忙しく

なかなかブログが更新できなかったのですが,

なんだかたくさんの方が閲覧してくださっているようで,

申し訳ないと思うと共に,やっぱりちょっとうれしいです.



備忘録と生存報告を兼ねて,

少しずつでも更新していきたいと思います.



まずはもう一カ月も前の話ですが,タイの調査のお話です.



IMG_6623

プーケット本当で泊まったホテルの目の前の海岸.

なかなか潮が引いて良さそうじゃないですか.

出向かずにいられないのが海洋生物研究者の悲しい性.



IMG_6631

死サンゴと細砂...イイ...
 

 IMG_6626

ハボウキ?タイラギ?こんな干出するところに見られるとは.
 

IMG_6629

まだら模様がカッコいいホシムシ.

人差し指位の長さでした.
 

IMG_6632

棘皮を求めて彷徨うMr. Arai.

なれど探し当てられず.
 

IMG_6634

岸壁にはオハグロガキでしょうか?

何処にでもいますね.

IMG_6639

 イボタマキビ?イボがずいぶんはっきりしています.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑰

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の標本作成の作業風景.

部屋内のユニットバスルームが一番明るくて,

床が一段下がっていて作業がしやすいので拠点としています.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビングで獲ってきたクモヒトデが,

ビニールパックに分けられています.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが撮影システム.本当はシャーレの下に空間を作るのがいいのです.

専用の台を,現在作成中.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麻酔中のクモヒトデ.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こっちは撮影が終わったクモヒトデ.

アルコールに浸して固定中.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように各種の大きさのビニールパック(ユニパックと呼んでいます)を用意し,



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルコールごと封入しておしまい!

お疲れ様でした!


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑯

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラチャ最後の夜は,豪勢な夕食でした.

水槽から好きな海産物をチョイス.まずはタイワンガザミです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目の前で量り売り!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フエフキダイ(多分)もいっちゃいましょう!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数十分後にはこのような姿に!

ディープフライされたフエフキダイのあんかけ.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも同じような味付けのカニ.

タイを堪能しました.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑮

カメラショックの興奮冷めやらぬ休憩の最中.

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ん?



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

んん?



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ!トカゲがいます!しかもデカい!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは撮るしかないでしょー!

なるべくギリギリまで...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近づいて...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おあ!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逃げてしまいました...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の隙間から覗く横顔を激写.

南国を感じた一幕でした.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑭

順調に進んでいたかに見えたタイサンプリングですが,実は身の毛のよだつ事件がありました.

今回の水中カメラは,同行された今原先生にお貸しいただいたのですが,

お借りして一本目のダイブで浮上する際にふと手元を確認すると,



なんとカメラがない.



ストラップはつけていたのに,どうして!!??

船でカメラをなくした旨を伝えて,総出で詮索.

しかし海底10数 mにあると思われるカメラを見つけられるはずもなく...

あー,もうこりゃダメだ,Amazonで水中カメラセットを検索しなくては...と思っていたところ,

何とインストラクターのジャーさんが発見してくれたのでした!



浮上する直前のポイントに落ちていたとのこと.

地獄に仏とはこのことでした.ああーーー良かった!!



ということで,次回の潜水からは自身への結束をより頑強にして潜水に臨み,

失くすことはありませんでしたとさ.



カメラをなくした(かもしれない)ショックで,当時の写真は一枚もありません.

今原先生,こんな私に引き続きカメラをお貸しいただき,ありがとうございました.

そして,ご心配をおかけいたしました...


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑬

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラチャヤイ島周辺でのダイブ時には,青サンゴの群落地がありました.

この隙間に時折クモヒトデが隠れているのですが...これが採れない(笑)

いろいろ棲みかを考えているんだなあと感心しました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

隠れているといえばこれ.

二枚貝がサンゴに潜り込んでいます.子供のころに着底してそのままなんだと思いますが,

何故ポリプに幼生が排除されないのか不思議です.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の隙間に謎の縞々模様.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引きずり出してみると,ウミヘビ!ではなく,オオイカリナマコでした.

かなりデカい.2 m位はあったのでは.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何もないような砂地ですが...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミニ火山みたいのがちらほら.

噴火口にあたる部分は,固着性のゴカイ等の巣穴の入り口ですね.

時折レアなヤツがいるらしいのですが・



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩に張り付いたカイメン.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

を引き裂いてみると,中からクモヒトデがうにょうにょ出てきました.

探すところを探すといるものです.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだまだタイの海の生き物をご紹介しますよ.

岩肌...ではなく,画面真ん中あたりにヒドロ虫が固着しています.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボネリムシの吻.ユムシの仲間で,この類は顕著な性的二型を示すらしく,

これはメスの長ーく伸びた吻の先っぽです.2叉分岐しています.

よーく見ると,口が上側に反り返って,いわゆるスプーン状になっているのがわかります.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やたら腕が分岐しているウミユリ.

これで一個体だと思うのですが,あまりに堂々としているのでパシャリしました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはコシダカウニ...かな?

周りに海草の屑を付けています.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボートの係留ブイは,たくさんの魚のよりどころとなっています.

特に稚魚にとっては非常に貴重な隠れ家です.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魚だけでなく,フジツボなどの固着生物も生活基盤ともなっています.

よーく見ると,ミョウガガイの仲間がくっついているのがわかりますでしょうか.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑪

調査用具のご紹介.

水中はもちろん陸上と勝手が違うので,

携行品にんもいろいろ工夫が必要です.
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが基本装備の網.

普通はユニパックやサンプル瓶などに生物をいれ,この網に入れて持ち帰ります.

この網は,ゴム紐などで体のどこかに結束しておきます.

でないと絶対になくします.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラスチック板です.

これに耐水紙を挟むのではなく,この板に直接鉛筆で情報を書き込みます.

いろいろ試しましたが,これが一番いいですね.

この他,ピンセットやハサミなども紐や帯などを使って体に固定します.



実は今回の調査ではこれを怠ったために,

あるとんでもない事件を起こしてしまいました...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてダイバーの必需品,ダイビングコンピューター.

水深や潜水時間はもちろん,安全停止の時間や,アラーム機能も完備しています.

昔は高価だったらしいのですが,

最近では,いいものが随分安く手に入るようになりました.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潜水直後の調査チーム.

あらゆるベントスを発見してやりましょう!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤギの林.ピピ島の水深7 m位だったでしょうか.

これよりも少し深くなると,もう乱立状態は解消されていました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リュウキュウナガウニでしょうか.

アンダマンでみられるウニは,このタイプばかりだったように思います.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクの中にクマノミが.

このクマノミはなかなか負けん気が強くて,

何十倍も体が大きい私に対しても威嚇してきました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーブルサンゴ.

でっかいですねえ.この隙間にたくさん生物がすんでいるはずですが,

サンゴはいろんな意味で破壊が難しいので,ある意味最強の隠れ家かもしれません.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング➈

せっかく水中写真をたくさん撮ったので,

しばらく紹介してみたいと思います.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イボウミウシの仲間.

なんだか思い出したようにポツポツ出てくるんですよね.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大なヤギ.実に立派ですね.

まさに身の丈ほどありました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンジュウヒトデ.水深3 m位の岩肌にくっついていました.

コイツをひっくり返すと...



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  口からチビクモヒトデがわさわさ離れて?いるようでした.

ひょっとして捕食されているのでしょうか?

名前は可愛いんですが,意外に凶悪なヒトデなのかもしれません.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑧

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回ピピ島の潜水ポイントを案内してくださった,タイチームのジャーさん.

我々調査の様子をじっと見守っております.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そろそろ浮上,という頃合いになり,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なにやら細長い物体を持ち出しました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フーっと排気を入れると...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

膨らんで浮具になって浮上していくではありませんか!

これで,あらかじめ船に我々の浮上ポイントを伝えて,

近くまで迎えに来てもらうというシステムです.

便利なものがあるものですねえ.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑦

水中写真の続きです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一つのヤギに,三個体のウミシダが絡んでいます.

資源不足でしょうか.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナンヨウキサンゴ?でしょうか.

潮通しがよいのかもしれません.

サンゴの根元のカイメンも気になります.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘルメットイシの類のサンゴです.ちょうど二つに分裂したばかりでしょうか.

いかにもこれから再生するぜ!といった心意気を勝手に感じました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩肌に小さな単体サンゴを発見.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デカいトサカの群体です.私の上半身位はありました.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャコガイがカイメンに覆われたのでしょうか.

なんだかハロウィーンを思い起こさせる色あいと形です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にトサカの写真です.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じ個体を,フラッシュつきで撮るとこんなに色あいが違います.

光の減衰を感じますねえ.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング⑥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は,今原先生に水中カメラを貸していただきました!

ありがとうございます!

初水中カメラを携えてのダイビングに,心が躍ります.

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潜水ポイントでは,ガンガゼの群れがお出迎え.どこに行っても群生しているんですねえ.

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソバナの類でしょうか.この写真からはわかりにくいかもしれませんが,

ポリプが良く触手を伸ばしているため,軸の周りがフサフサしています.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 この海域では,ウミシダがヤギに絡んでいるのをよく見かけました.

もはやウミユリの風格.

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カイメン.このような杯状の種がたくさんみられるのですが,

杯の底の方に溜まっている砂などは,いつ,どのように排出されるのでしょうか.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤギ調査に勤しむ今原先生のご様子.

一回のダイブではとても見切れない数のヤギがいたそうです.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング➄

 IMGP2875

調査二日目はさらに揺れました.

ほうほうの体でたどり着いたDok Mai島.

ここで私はある悲劇に遭遇しかけるのですが...それはまたの機会に.



IMGP2886

この日のお昼も船上でお弁当.

(多分)パット・タイと呼ばれるタイ風焼きそばです.

センレックという平たい面が美味しいです.



IMGP2888

船上でふるまわれたジュース.

こ,こんな蛍光色!!??と思ったらそれはペットボトルの色で,

中身は無色透明のサイダーでした.美味しかったです.



IMGP2901

というわけでサラバ離島!翌日からは滞在しているラチャヤイ島で調査です.



IMGP2912

島での移動は,主にトラックかこのサイドカーでした.

人生初サイドカーがまさかの海外とは!
 

IMGP2969

夜は近くのレストランで一杯.

通算すると常連といってもいいくらい来ています(島に他にあまり店がない).


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング④

IMGP0133

ピピ島にボートで向かう船内.

前日よりもさらに揺れが予想されたので,

タンクなどの荷物はしっかりと固定します.



IMGP0153

船内の様子表した1カット.

風の強さが伝わりますでしょうか.



IMGP0165

揺られる事1時間半ほど,目的のPhi Phi Lay島に到着です.

やけに切り立った変な地形の島でした.

ここで二本ダイブしましたが,その様子はまた今度.



IMGP0168

船上では持参したお弁当を食べます.

山盛りチャーハンです!
 

IMGP0169

ダイブで疲れた体にしみわたりました...
 

IMGP0195

ということで,一日目の調査終了!

さらばピピ島!


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング③

IMGP0111

タイに到着して一夜明け,さっそく調査初日です.

去年もお世話になったトラックに荷物(+自分たち)を積み込んで出発です.



IMGP0112

タイチームの一人,Seさん.

毎年調査を手伝ってくれて,今年で四年目です.

いつも本当にありがとうございます.



IMGP0121

去年とは反対側のビーチから船に乗ります.

なんか簡易船着場があります!



IMGP0122

これは便利!でもフロート式なので,

高い波が来ると足場がうねります.
 

IMGP0128

プーケットから乗ってきたボートに荷物を積み込んで出発!

最初の目的地はピピ島です.


2015年10月30日~11月6日 タイサンプリング

タイにサンプリングに来ています.

去年もお世話になったチームと,今年もラチャ島に行きます.
 

 IMGP0005

日本チームとタイチームの荷物.

運ぶのも一苦労です.
 

IMGP0014

今年も,この観光ボートで乗り合いか...と思いきや.
 

IMGP0056

貸し切りのボートで渡島できました!

(でも小さい分,こっちの方が揺れました)
 

IMGP0067

ということで,滞りなくラチャ島に到着.
 

IMGP0073

懐かしい看板です.
 

IMGP0075

ひとまず無事調査地に着けたということで,まずはビアーで乾杯でしょう!
 

IMGP0078

そして駆けつけのタイカレー.

これがまあ辛旨いこと...

タイ調査の始まりを実感しました.