Skip to content

2015年6月26日~28日,うみさわ会4@高知

知られざる生態紹介

と題して,先日のうみさわ会での講演が新聞に載ったそうです.

7/6の高知新聞の朝刊に載っていたそうですが,

地元の知り合いに教えてもらいました.
 

「うみさわ会は「海の生き物を爽やかに調べる会」として昨年発足...」
 

という風に紹介されています(笑)
 

ついにうみさわ会も活字デビューですよ!


ツーショット

 

 

を撮りました.

高知県大月町の一切小島沖20 mです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真:広瀬雅人

貴重なアカテヅルモヅルとのツーショットです!

ダイビングでモヅルと一緒になるのは,国内では初めてです!

最近になって少しずつモヅルが増えてきているんだとか.
 

貴重なモヅルポイントに案内してくださった黒潮研の皆様,

ダイビングショップの皆様,ありがとうございました!


黒潮のクモヒトデ

黒潮で採れたクモヒトデの一部を紹介します.

IMG_0581

トゲクモヒトデ科の一種.
 

IMG_0620

メガネクモヒトデの類(スナクモヒトデ科).
 

IMG_0658

ナマコの体表にくっつくニシキクモヒトデ(左下の赤いやつ).

ほんとにどこにでもくっつくんですね.
 

IMG_0631

カンムリクモヒトデ.体の真ん中が壊れやすいのですが,

今回は完全体が採れました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウデナガクモヒトデで〆.

こいつはデカすぎてレンズに収まり切りません.

そろそろデカいサイズ用のレンズも仕入れなくては.
 


うみさわ4番外編

黒潮研究所での日々を振り返ります.



IMG_5881

研究所前の夕暮れ.
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊棟内での一幕.カメラについての情報を交換しています.

フィールドワーカーあるあるですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

詳しいやり取りは忘れてしまいましたが,おそらく,
 

「俺が俺が」

「いやいや俺が俺が」

「じゃあ俺が!」

「どうぞどうぞ」←ここの写真だと思います.
 
 

因みに,この壁に帰られているのは我々が二日目にお世話になったダイビングショップのカレンダーなのですが,その中に衝撃の事実が含まれていました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Espoir (フランス語で希望,の意味)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさかの事実でした.我々は気付かない間に,命のやり取りをしていたのですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終日の出発が早い我々に,実験所の研究員さんがお弁当を持たせてくださいました!

最後の最後まで,本当に感謝です!
 

IMG_5893

今回の調査で一緒になった上野さんとパシャリ.

実は一緒にスキューバ調査をするのは初めてでした.

因みに私のコルセットは,激しい寝違えの治療用です.
 

今回得た成果は,なるべく早く発表できるように,また実験所で頑張ります!

お世話になった黒潮生物研究所の皆様,

ダイビングショップの皆様,

ならびに高知県大月町の皆様,ありがとうございました!


うみさわ4⑩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講演会の後は,地元の方が料理を拵えてくださいました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご馳走です!高知出身の身としては懐かしい料理の数々.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お刺身も絶品!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

料理を作ってくださった婦人会の皆様.ありがとうございました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元の方々と交流を深めた後は,

調査メンバーで心行くまで語り合いましたとさ.

それにしても楽しい調査でした.

また再訪しようと心に誓いました.


うみさわ4➈

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査三日目は,黒潮研講義室でオープンセミナーを行いました.

講義室がほぼ満杯です!

急な告知だったにも関わらずたくさんの方にお集まり頂きました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その人数に焦って最終準備に勤しむ講演者.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは比較的余裕なオーガナイザーの山崎さん.

笑顔が光ってますね!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは所長の中地シュウさんの露払いトーク.

「この海には何がいる?黒組成物研究所の海産無脊椎動物調査について」
 

黒潮研は設立以来,大月町近海の海産無脊椎動物の調査を行ってきているそうで,

これまでに様々な科学的新知見を明らかにしています.
 

日本各地にまだまだこのような場所が残されており,そうした地域生物相の解明は,

日本全体の生物相の解明に極めて重要な課題となっています.

今後も黒潮研の調査活動から目が離せませんね.
 

この後はうみさわ会メンバーからの発表が続きます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山崎博史:

「あなたの知らない海の生き物たち」
 

RIMG0159
写真:山崎博史

岡西政典:

「海中の忍者クモヒトデ」
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広瀬雅人:

「コケ?ムシ?サンゴ?知られざるコケムシの世界」
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上野大輔:

「カイアシ類(コぺ)の寄生と多様性」
 

みなさんそれぞれの生物に対する愛情にあふれたお話で,

聴衆からも質問がひっきりなしでした!
 

お疲れ様でした!


うみさわ4⑧

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水深計故障発覚から十分後.我々は漁港に戻っていました.

所長が水深計を備えた船で同行してくれないかどうか,漁師さんと交渉してくださいました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

交渉を待っている間に見かけた面白?現象.

岸壁に干上がったウミシダを発見しました.

完全に干上がってるけど,果たして彼はその後どうなったのでしょうか.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうこうしているうちに交渉が成立したようです!

協力を快諾してくださった漁師さん(ありがとうございます!)と共に再出撃.

調査船団結成ですよ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今度は水深がわかります!

改めて70 m 位のところで一発下してみました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロープを操出し,しばし待つ.

船に備え付けのラインボーラー(油圧式の巻上機)を使おうとしたところ...
 

所長「ラインボーラーも動かないね...」
 

ということで...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人力ドレッジ開始です!
 

最長200 mのロープを四人(+所長)で合計五回ひっぱりました.

実はこのうち最初の三回は失敗(空っぽ).
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で,このように重りの位置を変えていくことで,四回目にやっと成功!
 

五回目も根性で引っ張りきり(砂が入っている分重かった...), 
 

恐らくその人生で最もマッスルなドレッジ調査が終わりました.

しかしその甲斐あって,求めていたサンプルが手に入りました!
 

やはり何事もやってみるものですね.

大変有意義な成果に,(比喩でなく)疲れも吹き飛びました!


うみさわ4⑦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査三日目はドレッジです!

東京大学大気海洋研究所の広瀬先生が,自前のドレッジを持参してくださいました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒潮研の研究船「つきなだ」にドレッジを搭載して出発!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日までの荒天が嘘のように穏やかで,

且つ曇りという絶好の船日和!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船の水深計が壊れているということで,釣りなどで使う簡易魚探を使いました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

センサーを水面に浮かべると,

このように魚影が映し出されます!
 

・・・しかし,どうも様子が変です.

明らかに50 m以深の場所でも約30 mと表示されています.
 

所長「こりゃ壊れてるな...」
 

果たしてドレッジはできるのか!?