Skip to content

Monthly Archives: 3月 2015

海産無脊椎動物多様性実習➄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多様性実習の目玉,漁港での生物観察に参りました.

実験所から車で30分程度のこの漁港では,秋から春にかけて刺網漁がおこなわれており,

様々な深海性の生物が混獲されています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのような混獲物は基本的には漁師さんにとってはゴミなのですが,

我々のような実習校や研究者のために,カゴにとっておいてくれています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中にはお宝が揚がることもあります!

普段は見られない生きものに,みな興味津々です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに天神崎に寄りました.

国内最初のナショナルトラスト運動がおこった地として有名です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し歩くと,湿地があります.人の手も入っているのですが,

海と里がつながることを実感できる貴重な風景です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の方に分け入ってみると...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池がありました!

海の実習ではありますが,陸と海の繋がりを考えることも非常に重要です.

因みに,試しに網をふるうと沼エビが採れました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この木の板を渡しただけの素朴な橋が,

さらに湿地感をかもしています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に,天神崎の海岸を回ります.

やや強風でしたが,対岸に瀬戸臨海実験所を眺めながらの磯観察はまた新鮮な気持ちになれました.

生物相もいつもとは少し違っており,有意義な観察ができたのではないでしょうか.


海産無脊椎動物多様性実習④

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟の次は,メイオベントスの観察です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはアーウィンループを作ります
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてメイオベントスの洗い出しを行います.

まずは砂から!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フジツボ,カメノテから!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかくたくさんの基質から洗い出し,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

63umの目合いの網で選別するのです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は強風につき本格的な磯観察は断念せざるを得なかったのですが,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実験所周辺の北浜で,海藻の収集だけは行いました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

打ちあがった海藻も,もれなく探せ!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかくなので海藻の説明も.

少しずつ海藻も脱落を始めており,

それなりの種類の海藻が打ちあがっておりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして苦労して抽出したメイオベントス.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなにたくさん採れました!

限られた時間の中で,頑張ってくれました.お疲れ様でした.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜は久保田先生の水族館ツアーです.

普段は活発な魚の寝ている姿や,

逆におとなしい生物の活発の姿など,

レアな体験ができてみなさん満足されたようですよ!


海産無脊椎動物多様性実習③

 

 

 

 

干潟実習まだまだ続きます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥巣のあとは,いつもの内之浦に移動しました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ほどとは違って,かなり粘度の高い泥質です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と思ったら,やはり実習生がはまってしましました!

TAの凌君が救出です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウミニナなどの貝類がたくさん採れたようです.

これらは何に隠れるでもなく,地面にごろっと転がっています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し上流に移動すると,生物相が変わってきて,

ケフサイソガニなど淡水性の生きものが増えてきます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミズクラゲも発見されました満潮時に流されてきたものが,海に帰れなかったのでしょう.

ボロボロになっています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どこかから流れてきた謎の人工物.何かのアンテナでしょうか?

経年変化によって生きものの付着基質になっていますね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち帰って同定.いつもは行かない場所に行ったおかげか,

多種を得ることができたようです.
 

春の実習,まだまだ続きます!


海産無脊椎動物多様性実習②

 

今回の多様性実習では,瀬戸臨海出身で現高知大の伊谷行准教授の集中講義が同時開催されました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊谷行「海洋生物における共生,寄生-特に潮間帯~浅海性の種を中心に」
 

泥や砂などの柔らかい基質には,様々な生物が巣穴を作っています.

大抵の場合は一種により作られる巣穴ですが,

実はその中では複数種が共生関係を構成している例が多く,

最近注目が高まっている分野です. 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講義の後はフィールド(干潟)です.

今回はまず,普段の実習ではあまり来ない鳥巣に来ました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コアマモなどが生えており,普段いく内之浦とはまた違った環境です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊谷先生による干潟でのフィールドワークの解説.

ベイトポンプと呼ばれる,干潟の巣穴の中の生物を吸い出すための兵器が大活躍です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂や泥も一緒にとれてしまうので,このように篩で生物だけを選り分けます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の目玉兵器がコチラ.

我々の持つベイトポンプよりも二回りは大きかろうというこの代物.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グっと体重をかけて...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

力の限り引き抜く!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

するとこのように,めり込んでいた分の泥が地上に引き抜かれます!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

泥塊を丁寧に割っていくと,生物が見つかります!

ベイトポンプとは違い,巣穴ごと生物を採ってしまおうという恐ろしい発想のもと生まれた兵器です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学生も挑戦!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように,スナモグリ等がたくさん採れました!
 

※今回の写真は全て,拠点PDの河村博士によって撮影されました.


海産無脊椎動物多様性実習①

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年3月21日から26日にかけて,

「海産無脊椎動物多様性実習」が開催されました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全国から11人の生物好き大学生が集まりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大和先生による研究所の案内.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

瀬戸臨海の図書室には,国内ではなかなかお目にかかれない,

古いExpedition(航海調査)の文献などが数多く所蔵されています.

最近はインターネットで閲覧できるものが増えてきたとは言え,以前として価値は高く,

未だに複写目当てで瀬戸臨海を訪問する人が後を絶ちません.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

案内の後は,朝倉先生による海洋生物に関する基礎講義です.

しっかりと基礎を踏まえることで,フィールドで得られる成果は何倍にもなります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講義の後は宮崎先生による顕微鏡の使い方講座.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は顕微鏡の使い方一つで,

生物の見え方は各段に違ってきます.

とにかく基礎は大事ということですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

春の到来を告げる実習の始まりです!


干潟の十脚類

 

藻類実習から息つく間もなく,海産無脊椎動物多様性実習が始まっています!

詳しい様子は後々レポートするとして,

甲殻類の写真がいい感じに撮れたので紹介します!
 

IMG_9160

ヤマトオサガニ.

冷凍麻酔が効ききらずハサミがあさっての方向を向いてしまいましたが,

大きくて撮り甲斐のある個体でした.
 

IMG_9084

トリウミアカイソモドキ
 

IMG_9103

ハサミシャコエビ
 

IMG_9133

ニホンスナモグリ
 

IMG_9134

テッポウエビ
 

IMG_9146

テッポウエビの渋い横顔. 
 

鋭い方はお気づきかもしれませんが,これらは全て干潟で採れたものです.

多様性実習では,様々な場所で様々な方法で多様な生き物を採る実習です.

この他にもたくさんの生きものが採れましたよ!


藻類と海浜植物の系統と進化⑦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すさまじい天気になってきました...

白浜では珍しく,猛吹雪です!
 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中,構内の植物の観察結果の発表会が始まりました.

「トベラとナワシログミにおける種内変異について」
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ハマダイコンの形態解析の諸諸」
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外部形態観察だけでなく,

切片なども作成し,多角的に検証してくれました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終日は自畠島に渡りました.実験所研究船の「ゾエア」が大活躍です!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大和先生がご同行くださりました.

畠島の説明をされています!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寒風吹きすさぶ中,海浜植物の説明中.

畠島は,このような植物が自然の状態で生い茂っている貴重な場所らしいです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかくなので海藻の説明.強風のためかはわかりませんが,

かなりの数の海藻が打ちあがっていました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中でも圧巻だったのがコチラ.「ヒロメ」です.

白浜周辺では何故かワカメが育成できないため,

代わりにこのヒロメを主要な食用海藻として生産しています.

独特の食感がクセになる逸品で,

現在ではこれを名産として売り出しています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆で撮影会になりました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

畠島で収集した植物も併せて,押し葉標本にして終了!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は恒例のウミウシフィギュア謹呈です.

皆さんお疲れ様でした!


藻類と海浜植物の系統と進化⑥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

構内で採集した植物の押し葉標本作りです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本的には藻類と同じように,新聞紙と段ボールで草本をサンドイッチにします.

ただし,例えば一枚の標本で葉の表裏がみられるように,

いくつかの葉は裏返しにしておくなどの配慮をします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個人的に気に入った一幕.

ダイコンなどは厚すぎてうまく押し葉にならないため,

このように一部をカットして薄くするそうです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

押し葉標本作りの後は,自由課題実習です.

「海岸部に生息する植物のユニークな点をわかりやすく伝える.」

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この課題を遂行するため,あるものは海岸植物の種子を水に浮かし...
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あるものは強風吹きすさぶ中,海浜性の植物を採集します.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

覚えたての技術で,葉の断面を観察するものも.
 

どんな発表になるのでしょうか!