Skip to content

Monthly Archives: 12月 2014

年末

手に入れました!

IMG_4559

デュベルのグラスです!
 

ビールの鑑賞は,私の密かな趣味なのです.

時折海外のビールを手に入れ,テイスティングするというささやかなものです.

先日,とある酒屋でデュベルのグラスがビールとセットで売られていたので,思い切って購入.

そんな高価なものではありませんが,これで飲むとなんとなく美味しく感じるから不思議なものです.

ちょっとグラス収集でもしてみようかなあ,などと思った年の瀬です.
 

ということで,今年もいよいよ大詰めですね.
 

いろんな事がありました.

新たな学会に参加したり,クラウドファンディングに挑戦したり,

ダイビングの魅力に気づいたり,サイエンスカフェを開催してみたり,

今年もいろいろ飛び回りました.
 

今年一年も研究させていただけたことに感謝です.

そろそろ諸々新たな結果が出始めているので,

来年は一気に吐き出したいところ.
 

学会でお会いした方々,

一緒に調査をしてくださった方々,

サイエンスカフェでお話を聞いてくださった方々,

数え上げればきりがありませんが,今年も本当にお世話になりました.

来年もよろしくお願いいたします.
 

~チームてづるもづる~


ヘッドセット

こんなものを手に入れました!

IMG_4549

ブルートゥースで接続するヘッドセットです!

ワイヤレスなので,席を立つときにいちいち外したりしなくて良いのですごく便利です!

さらにノイズキャンセラー機能を発動すると,本当に外界の音がシャットアウトされます!

すげーぜテクノロジー―...
 

これで来年もお仕事頑張りますよ!


ウニウニ君

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウニの解剖開始!

外部形態→内部形態と,みられる特徴を余すところなく見ていきます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこちら!今回は秘密兵器を導入していました.

私(右手)が触っているタッチパネルにウニの動画を映し出し,

詳しいウニの特徴を詳細な動画で理解できる次世代型教育機器です.

この写真では,私のタッチパネルの操作が,そのままモニターに反映されます.
 

叉棘の動きや多孔体の配置,水管系の仕組みなど,

なかなか解剖の現場では全員に教えにくいことも,

この装置ならその場で瞬時に見せることができます.

また,本来は展示品として開発したものなので,自発的な学習にも役立ちます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開発者はこの方.自然共生研究センターの渡辺友美さんです.

実は今年の動物学ひろばの隣のブースでこの展示を見かけたときにお話をして,

今回の実習に使わせていただきました.

お陰様で,いつもは解説が難しい部分まで詳細に見せることができました.

ありがとうございました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ開発途中らしく,今後,様々な意見を取り入れ,教育用にも開発を進められるとのこと.

完成版が楽しみです!

ちなみに,今回の実習でこの装置に「ウニウニ君」という愛称が付けられることとなりました(笑)

 


棘皮動物の解剖

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年最後の実習では,棘皮動物(ウニ,ヒトデ,ナマコ)の解剖を担当しました.
 

a

クモヒトデは解剖できるほどの大きさではないので,

標本でその存在を紹介.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウニの解剖の方法の説明.基本的には赤道面上でパカッと割ります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが,ウニの体内部の様子.北極から(口側を)見た様子です.

真ん中にはアリストテレスのランタンとも呼ばれる,強大な歯を備えているのがわかります.

体の側面にあたる部分には,黒色の消化管が裏打ちされています.

時期であればこの消化管の間に生殖巣が発達しているのですが,

残念ながらこの個体ではほとんど見当たりませんでした.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  ヒトデも,腕二本を切って,その間から盤中心を除くように観察します.

ウニでもヒトデでも,瓶嚢と呼ばれるスポイト状の部分で,

水管系の水圧を調整している事が見て取れるかと思います.


仕事納め

 

 

先日は仕事納めでしたね.
 

私も,今年最後の仕事を終えてきました.

12/25-27にかけて,大阪府立豊中高校の臨海実習が行われました.

スーパーサイエンスハイスクールの一環で,

生物好きな高校生たちに,大学の教育カリキュラムの一部を体験してもらうという催しです.
 

IMG_4546

我々研究員も協力いたしました.こちらは河村博士によるウニの実習.

今年最後の実習の様子をレポートしていきますよ!
 


戒め

 

 

トスロンバケツ...
 
 

野外調査に関わる者なら,誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

他の追随を許さない高密閉性を誇り,調査や標本保管に大活躍の優秀なバケツです.

特にテヅルモヅルのような大型の動物の研究には欠かせません.
 
 
 
 
 

先日のことです.調査道具を入れたトスロンバケツを郵送したところ,
 
 
 
 
 
 

IMG_4377

こんな姿になってしまいました.
 
 

側面ベッコリですよ.

もちろん犯人は私ではありません.

空輸による気圧の変化によるものです.
 

蓋にタオルなどを噛まして密閉性を低める事で対策できるのですが,

今回は発送から到着まで時間を持たせていたので,

まさか空輸はあるまいと油断していました.
 

いずれにせよ,変わり果てたトスロンの姿に枕を濡らしましたね.

気圧による更なる犠牲を防ぐため,そして自戒の意を込めここに記録します.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

※数日後にはトスロンは元通りになっていました.


ボトルオープナー

IMG_4531

長時間放置しておいたメディウム瓶が,
 

IMG_4521

どうしても開かない,なんて時ありますよね.
 

IMG_4520

そんな時はこれ!ボトルオープナー!
 

 IMG_4522

このように蓋の部分にひっかけまして.
 

IMG_4524

ふんぬ!!ぐぐ...ぐ!!!
 

IMG_4525

!!!
 
 

IMG_4529

これこの通り!

か,簡単に開きましたよ!(息切れしながら)
 

クリスマスパーチ―ドリンクの蓋が開かなくなったら,これを使いましょうね!
 


深海

IMG_4518

こんな本を手に入れてしまいました!
 

JAMSTECの藤原義弘先生の監修による「深海」です!
 

鯨骨生物群集と深海生物を絡めた内容となっており,

学術的にも非常に興味深いのですが,
 

何よりも一枚一枚の深海生物の写真が超美麗です.
 

勿論(?)テヅルモヅルも載っています.
 

お子様のクリスマスプレゼントにピッタリな一冊ですよ!