Skip to content

Monthly Archives: 3月 2014

海産無脊椎動物分子系統学実習⑩

長きに渡る分子系統実習のレポートも、いよいよ最後です!

IMG_1308

ついにシーケンスの結果が返ってきました。

解析用PCで慎重にデータを整理します。

IMG_1327

データ解析中。

四苦八苦しながら自分で系統樹を構築していきます。

一番ドキドキする瞬間ですね!

IMG_1361

キレイにアライメント(塩基配列の整列)ができました!

実はなにげに時間のかかる作業です。

IMG_1354

 系統樹ができあがりました!

さて、この系統樹にはどんな意味があるかな?

系統学や生物地理学は、分子系統解析の登場以後、大きく変わってきました。

 しかし、分子系統学的手法は、あくまでもツールの一つにすぎません。

得られた系統樹やハプロタイプネットワークの意味するところは、

解析対象とした生物の分類や生態に秘められています。

DNAだけをみて、

生物そのものの観察を怠っては、結局は何も得られません。

今回の実習では、そのようなことも

学んでもらえる良い機会だったのではないでしょうか。

IMG_7837

 真面目な話はそれくらいにしておいて、

打ち上げ開始ッ!

IMG_7860

乾杯!

…の前に、隣の学生がぼそっと一言

「今日から、お酒が飲めるんだ…」

なんとこの日が誕生日だったそうです!

早く言えばケーキも買ってきたのに!笑

IMG_7865

瀬戸実習名物教員お手製料理①

宮﨑先生お手製の「アサリのパスタ」

IMG_7838

その②

中野先生お手製の海鮮味噌汁。

美味しい料理と美酒に酔いしれ、

実習最後の夜は更けていきましたとさ。



というわけで、長きに渡った分子実習レポートですが、

これにて終了!

3月はまだまだ実習ラッシュだったので、今後、少しずつアップしていきます!


打ち上がり

 

嵐の後、実験所近くの砂浜にたくさんの海藻が打ち上がっていました。

IMG_8223

海藻は、多くが春に繁茂して夏にかけて脱落していきます。

海藻の打ち上がりを見ると、春が来るんだなあと思います。

ただ、砂浜に行くとついつい海藻でなく動物に目がいってしまいます。

悲しき動物研究者の性なり。


海産無脊椎動物分子系統学実習⑨

座学もたくさん行われましたよ!

私も講義を行いました。

IMG_1080

「テヅルモヅルの分子系統」

私の専門のテヅルモヅルの分子系統解析と、

ちょこっと腕の分岐の進化についての話をしました。

IMG_1265

宮崎先生のお話

「コスモポリタン種(?)フタツメイソウミグモの系統、分類、進化に関する話題」

今回の実習の研究対象であり、

今年卒業したもっちーが専門にしていたフタツメイソウミグモについて、

愛弟子の研究成果も踏まえて熱く語ってくださいました。

IMG_1246

久保田先生はベニクラゲについて語ってくださいました。

「不死のベニクラゲと早死のカイヤドリヒドラクラゲの分子系統と形態の関連」

あまり知らなかったのですが、ベニクラゲの遺伝子情報ってそれなりに蓄積されているんですね。

ウェブ上の情報だけでも面白い系統樹がかけたそうですよ。

IMG_1211

朝倉先生の話題

「海洋生物にとって種とは何か?」

種概念という、生物学の根幹にありながら、

未だに解決されれていない大問題について、

問題提起も含めつつわかりやすく解説してくださいました。

IMG_1306

大和先生の「田辺湾の動物相の変遷」

田辺湾は瀬戸臨海実験所でも創立からずっと調査されていて、

長期間にわたる調査データが蓄積されています。

この田辺湾の研究の歴史や、環境の変化と生物相の変遷の歴史についてをお話いただきました。

IMG_7823

この日は座学づくしでしたが、実習生たちは真面目に取り組んでくれましたので、

ご褒美(?)の温泉です!

しっかり疲れを癒して、明日もまた頑張りましょう!


海産無脊椎動物分子系統学実習⑧

磯採集で採れた生物シリーズ!

IMG_1015

まずナガウニ。あなたには何種に見えますか?

IMG_1051

フウセンウミウシ。

とあるタイドプールに群生していたそうです。

IMG_1160

クマノアシツキ。

漢気溢れる名前のゴカイです。

IMG_0898

ちょっとわかりにくいですが、手前にいるのがベッコウヒカリウミウシでしょうか。

赤いですねー。

IMG_1168

オニカサゴの風格たるや。

IMG_1121

麻酔がかかったアカクラゲ。

効果てきめんですね。だらーん。

IMG_1129

中野元帥の秘蔵カサガイコレクション!

ご覧下さいこの大きさ!

メガネをかけた男の子がもっているのが、カサガイの殻なんですよ!

IMG_1137

 思わず研究員もパシャリ笑

生き物好きにはたまらない一日でした。

 

 

 

 

 


海産無脊椎動物分子系統学実習⑦

この日は朝から磯採集で収集した生物の同定&標本作りです!

IMG_0911

貝類図鑑を片手に同定中。

IMG_0889

どんな生き物が採れたかなー?

IMG_0922

またもや貝の同定中。

分類の難しいアクキガイ類に挑戦!

IMG_0927

元帥は貝類のプロフェッショナルでもあるのだ!

IMG_0947

同定ができたら、次は標本作成です。

IMG_0977

先生と研究員がディスカッション中。

我々が見ても、まだまだわからない生物はたくさんいます。

IMG_1064

見よ、この表情。

この実習一番の成長頭です。

IMG_1072

みなさん、たくさん標本を作ってくれました。

中野元帥もこの笑顔です!

今年度に作成した標本は、来年度に解析する予定です。

こうして知の継承が行われることで、少しずつ番所崎の生き物についての謎が解き明かされると良いですね。


模様替え

 

みなさん!

春ですよ!

春といえばそう!

席替えですよ!

IMG_8216

ということで新規一転、研究室の机の場所を移しました。

くまさんブランケットがかかっているのが私の席ですね。

そもそも前の机の様子なんて知らんぞ!

とお思いでしょうが、そうでしょうねえ。

最近は少しずつ標本が増えてきて、

そろそろ収蔵しきれん状態になっていたところに、

ちょうど私の横にいた人たちが巣立っていったので、

その場所を利用させていただいた次第です。

これで四月からも頑張ります!


同い年

 

先月、神戸大学の高須賀圭三博士がSMBLにこられました!

高須賀さんは、クモ類に寄生するクモヒメバチ類を研究しており、

野外調査や飼育実験などの直接観察に重きをおいて、ハチとクモの相互関係をおっておられます。

IMG_7567

今回は、組織切片の作成技法を学びに、

ウミグモの組織切片作成のスペシャリストの宮崎先生を訪ねられました。

写真手前が高須賀さん、奥が宮崎先生です。

実は高須賀さんと私は同い年(1983年生まれ)です。

今年度の蜘蛛学会での奨励賞の授賞が決まっているらしく、

こちらも刺激を受けられる良い同期です。

お互い頑張りましょう!


マッスル奮闘記(下)

 

~あらすじ~

結構なお値段のマッスルスーツを購入したMokanishi!

果たしてその用途は!!??

IMG_1713

たまたま実験所に飛来した魔女を連れて海岸へ。

IMG_1717

け、警備員さん…!

目をそらしたら負けだと思いました(後日談)

IMG_1723

海岸にて

「お前はもう、死んでいる」

IMG_1722

とりあえずひとポーズ。

「ホリャーーー--!!!」

IMG_1731

じゃなかった

「デヤァーーー!!!」

賢明な方はそろそろ何のコスプレか気づいてきたことでしょう。

IMG_1882-2

実はこれ、とあるゲームのキャラクターにコスプレしての結婚メッセージ写真の撮影でした。

横に1 mくらい浮遊している魔女と一緒に撮ったのですが、

魔女界の肖像権法的に顔出しNGらしいので腕だけで雰囲気を味わってください。

ちなみに、魔女のうき具合が素晴らしすぎて、写真を見た当人は、

私のコスプレなど目に入らなかったそうです。 

OTL

何にせよご結婚おめでとうございます!

 

 

 

 

 

キキの衣装…約2000円






マッスルスーツ…約4000円




新郎の笑顔…Priceless