Skip to content

2014年7月28日~29日 日本海サンプリング

日本海でサンプリング!⑤

日本海サンプリングオフショット集!(`・ω・´)
 

IMG_1967

調査の合間に行ったタイ風ごはん屋さん.
 

IMG_1968

トムヤンクン冷麺をいただきました!

酸味と甘みの絶妙なコンビネーションを堪能しました!
 

IMG_1985

こちらはお世話になった山陰海岸学習の裏側.

ベンチで千徳博士が涼んでいます.

夕方になると本当に気持ち良い気候でした.
 

IMG_1986

兵どもが夢の跡.

広い干場とシャワーが完備されていて,

サンプリング後の後片付けも楽ちんでした♪
 

IMG_1965

とある漁港でコガモガイを確認してきた凌君.

世紀末覇者の雰囲気を感じます.
 

IMG_1995

サンプリング後は夜の街へ繰り出しました.

こちらは,億単位のお金をかけて建築された駅前のアーケードだそうです!

このアーケードの名前を付けた新種を記載したら,雇ってもらえませんかね?
 

IMG_1996

そして,鳥取のいい感じのお店に連れてきてもらいました.

なんと予約済み!
 

IMG_1999

な!岩ガキです!デカい!

夏場が旬だそうです!

冬に暖房ガンガンの部屋で食べるアイスクリームなんてどころじゃない美味しさでした!
 

IMG_1998

こんな素敵なお店に連れてきてくださった徳田さんに感謝です!

しかも,この後なんと5人分をおごってくださいました!
 

ええーーー!!
 

どういうことでしょうか.市大の江崎研究室メンバーのジェントルメンレベルの高さにただただ驚くばかりでした.

ありがとうございましたっ!!!
 

 IMG_2007

さらにこの後,スイーツの素敵なカフェバーに連れていってもらいました!

初めて訪れた鳥取は気候もいいし,食べ物も美味だし,いい人ばかりだしで,

私の中の都道府県ランキングトップに躍り出ました.
 

また来たいです!
 

    P7280017

調査メンバーでパシャリ.
 

徳田さん,白浜に来られた際には歓待いたします!

ということで,大変有意義な日本海サンプリングとなりました.
 
 

お世話になった鳥取県博の徳田さんをはじめとするスタッフの皆さん,

山陰海岸学習館の皆さん,

学習館に足を運んでいただいたダイビングショップの皆さん,
 

本当にありがとうございました!


日本海でサンプリング!④

 

サンプリングの合間に,鳥取県立博物館の特別展を見に行ってまいりました!

その名も・・・
 

IMG_1915

「胸キュン★サンゴ展~わたしを深海(うみ)につれてって~」

なんという乙女チックなネーミング!

胸キュンです!
 

IMG_1919

まずはサンゴの種類から説明です.

各説明パネルの前に,個性的なサンゴたちのぬいぐるみが並んでいます!
 

IMG_1924

中でも気に入ったのがこちら.
 

髑髏で表されたヒドロサンゴさん(笑)

ヒドロ虫には毒の強いものが多いので納得のデザインです!
 

ちなみにこれらは全て県博の職員の方が作られたそうですよ!
 

IMG_1926

生体も展示されていました!

サンゴの蛍光がよくわかるとても綺麗な展示になっていて,

思わずしばらく見惚れてしまいました.
 

IMG_1933

概観の一角がこちら.

i phoneのパノラマ機能を使った一枚
 

IMG_1937

こちらは,サンゴを観察してみようのコーナーです.
 

小さな実態顕微鏡とサンゴの破片が用意されており,

サンゴの骨格が詳しく観察できます.
 

こんな事されたら思わず観察しちゃうじゃないですか!

※じっくり観察しながら.
 

IMG_1948

深海サンゴのコーナーもありましたが...

ついつい立派なタカアシガニに目が行ってしまいました.
 

さすが世界最大のカニですね.

白浜水族館の飼育個体がまだまだミニサイズということがわかりました.
 

サンゴ展は今月末まで開催されています.

この夏,避暑も兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか?

鳥取は爽やかで非常に過ごしやすかったですよ!
 

そしてサンゴ展閲覧の後に,学芸員の徳田さんのデスクに案内されて...
 

IMG_1959

なんとモヅポロをお持ちでした!
 

私のacademistのプロジェクトにご支援いただいたそうです!

ありがとうございます!
 

こうして支援者の方に直接お会いできると,

研究を頑張ろうという気持ちがふつふつと湧いてきますね.
 

うおー頑張ります!

 


日本海でサンプリング!③

本日,京都大学の実習が終わりました.

台風の影響で一時は開催も危ぶまれましたが,

後半は天気も回復し,無事に終えることができました.
 

学生たちの居なくなった実習室は少し寂しくもありますが,

また8/22から始まる関西学院大学の実習に向けて英気を蓄えます!
 

ということで,まずは日本海サンプリングの報告の続きです!

今回は日本海で採れた生物を紹介しますよ!

※サンプル撮影用のいいカメラを忘れてしまったので,フィールド用のカメラで少し画質がアレかもしれません.
 
 

IMG_0197

ホヤの一種.いかにもホヤな形をしていますが,なんでしょうこれは.

鮮やかなオレンジです.
 

IMG_0198

そしてこちらは群体ボヤのイタボヤ.
 

IMG_0105

クモヒトデもいました!

これはアミメクモヒトデ科の一種かと思います.
 

IMG_0096

これはスナクモヒトデ科.

おそらくスナクモヒトデAmphipholis kochiiかと思われますが,顕微鏡で見ないと同定はできません.
 

IMG_0074

そして日本海の棘皮動物の代表格,イトマキヒトデPatiria pectinifera
 

というかどこにでもいるヒトデなのですが,なぜか白浜周辺にはイトマキヒトデがおらず,

トゲイトマキヒトデAquilonastra coronataなどが多く生息しています.
 

海蝕洞には行けませんでしたが,いろいろな生き物が採れてご満悦です(笑)


日本海でサンプリング!②

日本海サンプリング二日目!

ですが,残念ながらこの日も出港不可!
 

ということでこの日もシュノーケリング!
 

IMG_0125

鳥取県立博物館分館「山陰海岸学習館」近くの川からエントリー.
 

IMG_0142

こんな感じの半海蝕洞みたいなところに案内してもらいました!
 

まだ日が差し込む段階で陸になっていたのですが,

やや珍奇な雰囲気を醸し出す生き物ポツポツ見られました.

これはまた暗黒部を待つ更なる海蝕洞を再訪しなくてはなりません!
 

IMG_0150

やや波が高い中,りょうくんは頑張ってコガモガイをサンプリング中!
 

IMG_0042

海中を漂う赤い魚の群れ.
 

IMG_0143

ふじもんが,海藻にたくさんついていたアオウミウシを見せてくれました.
 

うーん,いたるところに分布しているのですね...
 

IMG_0169

日本海で一番度胆を抜かれたのはコチラ!

これはなんでしょう!
 

IMG_0178

でかいでしょう!
 

おまけにぬめぬめしています.

そしてさらに,柑橘系の匂いが漂います!
 

IMG_0162

じゃーん!ヤマトメリベというウミウシでした!
 

体長30 cmはゆうに超えます.
 

メリベウミウシは時々瀬戸臨海周辺でも見られますが,

こんなに大きくなるとは知りませんでした.
 

左側のびろーんがどうやら口で,ここをガバッと広げて海底をさらい,

微小な甲殻類などを食べるそうです.
 

発見時にはすでに死んでいたようで海綿を漂っていたところを

ネットに押し込んだのですが,その際に体についていた突起がバラバラになってしまいました...
 

できれば体全体を持って帰りたかったんですが,さすがにそれは断念して,

突起をひとつ持って帰りました.
 

続く.


日本海でサンプリング!

 

 

先日,鳥取に日本海の生物の採集調査に行ってまいりました!

目的は,実習での比較観察用の生物の採集と,

海蝕洞で深海生物が採れないかと期待していってまいりました.
 

調査一日目!
 

IMG_0003

高波のため,残念ながら海蝕洞へいくための船が出られないということで,

近くの浜でシュノーケリングということになりました!
 

IMG_0001

凌君も去年卸したばかりのウェットスーツに身を包みます!
 

IMG_0010

いざ着水!正直陸にいるときは暑くてたまりませんでしたが,

潜ってみるとなかなか快適でした.

ラッシュガード組は寒そうでしたので,引き分けでしょう! 
 

IMG_0029

日本海の生物その①!
 

ムラサキカイメン?太平洋と同種でしょうか.
 

IMG_0033

ホンダワラの仲間.イギリスでも見ましたが,

本当にどこにでも分布しているんですね.
 

IMG_0015

M2凌君のコガモガイも見つかりました!
 

分子系統地理学的な研究を行う上では,

なるべく多くの地点からのサンプリングが欠かせません.
 

IMG_0007

岩の隙間にウミシダも発見!色彩からニッポンウミシダかと思われます.
 

 IMG_0052

「無人島に漂着した人」を実演中.
 

IMG_0059

「ここは...どこなんだ...」
 

始める前は緊張と不安に押しつぶされそうだったのですが,

演技が始まると,自分でも驚くほどスムーズに役に入れて...

今は「漂着した人」を演じきることができて,とてもよかったと思っています.
 

続く