Skip to content

2015年1月18日~20日 JAMBIO合同沿岸調査@三崎臨海実験所

JAMBIO 合同沿岸調査⑥

 

 

 

三崎で採れたクモヒトデ第二弾.

色々採れているのですよ.
 

IMG_5032

Amphipholis sp. 
 

イソコモチクモヒトデAmphipholis squamata

スナクモヒトデAmphiphilis kochiiかなと思っているのですが,

小型であることと,六腕であることから確信が持てずにいます.
 

IMG_5047

Amphiura bellis
 
 

腕一本になってしまっても,基本的には5放射なので,

1放射でも残っていれば同定が可能です.

本種は比較的大きな輻楯を持っています.
 

IMG_5000

Ophiomyxa anisacantha

キヌハダクモヒトデですね.
 

このグループ(キヌハダクモヒトデ科)は,

体の内部構造を観察した松本(1915, 1917)によって

テヅルモヅル類と同じグループであると考えられていましたが,

最近のDNA解析の結果はこの説を支持していません.
 

クモヒトデの系統分類には,

まだまだやり残されていることがあります.


JAMBIO 合同沿岸調査⑤

 

 

 

相模湾で採れたクモヒトデを紹介しましょう. 
 

IMG_4951

Amphiura euopla ヤブクモヒトデ

油壷湾,水深~10 m,2015年1月19日.
 

IMG_4978

Amphiura trachydisca イボスナクモヒトデ

相模湾,水深500 m,2015年1月20日.
 

IMG_4979

盤のアップ.盤上の鱗があまり細かくなく,

盤自体がポコっと半球状に盛り上がっているのが特徴です.
 

IMG_4955

Ophiura kinbergi クシノハクモヒトデ

油壷湾,水深~10 m,2015年1月19日.
 

良く採れるクモヒトデです. 
 

IMG_4967

Ophiothela danae ニシキクモヒトデ

油壷湾,水深~10 m,2015年1月19日.

カラフルな色彩が特徴.ふつうはヤギなどに絡んでいます.


 

IMG_4993

Stegophiura vivipara コモチクモヒトデ

相模湾,水深200 m,2015年1月20日.
 

盤が非常にしっかりした鱗に覆われています.

輻楯がオーバーラップしているのも本種の特徴.

その名の通り,体の中である程度の大きさになるまで子供を保育します.
 

IMG_4994

 

反口側は真っ赤ですが,口側はこのように白っぽくてかわいいやつです.
 

が,採れる時はわんさか採れるので油断なりません.


至福の時

IMG_4884

年末年始にかけて採集してきたクモヒトデの同定(種名を調べること)を行っています.

顕微鏡でのぞきながら,文献と比較.

一見同じように見えるクモヒトデですが,

顕微鏡で観察すると,その形の多様性に驚きます.
 

IMG_4882

同定した標本に耐水紙のラベルを入れて,

瓶に整理.
 

IMG_4886

仮番号を付けて,整理をしていきます.

最終的には,博物館相当施設に収めて,研究に活かします.
 

分子実験も嫌いではないですが,

私の場合,いろいろな疑問が湧いくるのは検鏡している時です.
 

なかなか時間がとれないこともありますが,

こうしてクモヒトデ研究に携わる時間は幸せで落ち着きます.

そんな小さな幸せを噛みしめる冬の夜更けでした.


JAMBIO合同沿岸調査④

 

実験所の船着場を出港してしばらくすると,

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水鳥がついてきました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一定間隔を保ってついてきます.

君のエサになるようなものは残念ながら採れないんだよ~.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とかなんとか言ってる間に,ポイントに到着.

水深700 mの地点ですが,1時間とかかりませんでした.

さすが相模湾ですねえ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手際よく技術職員さんがドレッジを投入.
 
 
 
 

一時間後.
 
 
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そろそろ上がってきますよ!

サンプル受けの箱をひいて待機します.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお!ちゃんと曳けてました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技術職員さんがサンプルを箱の中へ.

泥や岩などは入っていますが,果たして生物は採れているのか!?


JAMBIO合同沿岸調査③

JAMBIO合同調査レポートの続きです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査二日目は晴天で臨海丸による出港が可能!

スクランブルです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船に向かう一向.人数が多いだけに壮観です.

プロジェクト感が漂って参りました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

臨海丸の設備紹介.

ウインチには,なんと2000 mのワイヤーが巻かれています!

これで,700 mの曳網が可能!!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勿論Aフレームも搭載.

ヤンチナのものよりもやや背が高いので,

漁具が釣り下がっても甲板に付く心配ナシですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがドレッジちゃん.

いわゆる生物用ドレッジですね.

網を使っているので,生物が(比較的)傷まずに採れます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テンションメーター.

皆で見やすい位置にあるので,これを見ながらワイワイ楽しめます(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 いざ出港!果たして深海へのアクセスは可能なのか!


JAMBIO合同沿岸調査②

合同沿岸調査一日目.
 

三崎の臨海実験所の研究船「臨海丸」で深場を曳く予定でしたが,

あいにく荒天のため湾内十数メートルのドレッジにとどまりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近場でのドレッジで曳網時間が極めて短いため,

どんどんサンプルが上がります.

処理に追われる調査班.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは上澄みをふるいにかけ,

表層の小さい生き物を濾しとります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残った砂や泥を篩にかけ,今度は目に見えるサイズの大物をセレクションします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すべての網を抜けた水にも,超微小な生物(メイオベントス)が残っています.

これらも余さず,メイオベントス班によって処理されます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一日目からなかなかハードな展開となりました.

果たして翌日は深場にたどり着けるのか!?
 

続く.


ガマの油売り

 

 

三崎に着いた初日は,歓迎パーティでした.

全国津々浦々より,総勢18名の研究関係者が集う大規模な調査です.

宴もたけなわの頃...
 

IMG_4776

東大の鬼才,泉君による落語が始まりました!

今回の題目は「蝦蟇の油」.

現所属(筑波)に因んだ憎いチョイスです.
 

素面の流れるような商人の口上と,酔いどれのへべれけ口調を,

見事に使い分けていました.
 

ちなみに,彼の台座になっているのは

重ねられたソファーの座部.
 

足元の台座は重ねられたソファーの座部.

不安定さを感じさせない見応えのあるアクションで,

聴衆を大いに沸かせていました.
 

こうして三崎の初夜は過ぎていきましたとさ.


JAMBIO合同沿岸調査

 

 

1/19日は残念ながら浅場での調査しかできませんでしたが,

1/20は天気が劇的に回復し,深場(200-700m)でドレッジができました!
 

IMG_4789

三崎臨海実験所の船着き場.

非常に良いコンディションです!
 

IMG_4792

採れた獲物をみんなでソーティング.

調査の様子はまた後日レポートいたします.
 

その後,いったん科博で日帰り調査をして,

今日は東大に行って,長かった関東調査もようやくお終いです.
 

あと少し,頑張ります!