Skip to content

コマンドプロンプトの使い方

非常に基本的なソフトなので,使い方というほどでもないのですが,

最近はこれで動かせる系統解析ソフトも多いのでご紹介までに.



起動方法①

  • 画面左下のウィンドウズマークをクリック.
  • 画面左下の下矢印をクリック
  • アプリの一覧から「コマンドプロンプト」を探し,クリック

起動方法②

  • 検索画面(画面右下に矢印を持っていって,虫眼鏡マークをクリック)を開き,「cmd.exe」と入力.
  • Enterキーを押す.



  • このような画面が現れたらOK.ちなみに私はタスクバーにピン止めしています.



基本的なコマンド

  • コマンドプロンプトでは,まず解析したいフォルダに移動します.いわゆるパスを通す,というやつですが,そのコマンドが”cd”です.”>”の後に”cd”と入力し,その後に移動したいフォルダのパスを入力すれば,そのフォルダに移動できます.
  • 簡単なやり方は,フォルダの検索窓の横のところにカーソルを持っていき,クリックして下の画面のように青くします.



  • この状態でコピペし,コマンドプロンプトの画面で右クリックをすると,
  • このように比較的簡単にパスがペーストできます.後はこのパスの先頭部分に”cd “を入れればOKです.指定したフォルダに移動できます.



他にも以下のコマンドを知っておいて損はないでしょう.

“dir”:ディレクトリ内の全てのフォルダやファイルを表示.

“tree”:ディレクトリ構造をツリー状に表示.

“ren”:ファイル名を変更.フォルダ内の拡張子を一気に変更する際に便利です.