Skip to content

Monthly Archives: 1月 2015

至福の時

IMG_4884

年末年始にかけて採集してきたクモヒトデの同定(種名を調べること)を行っています.

顕微鏡でのぞきながら,文献と比較.

一見同じように見えるクモヒトデですが,

顕微鏡で観察すると,その形の多様性に驚きます.
 

IMG_4882

同定した標本に耐水紙のラベルを入れて,

瓶に整理.
 

IMG_4886

仮番号を付けて,整理をしていきます.

最終的には,博物館相当施設に収めて,研究に活かします.
 

分子実験も嫌いではないですが,

私の場合,いろいろな疑問が湧いくるのは検鏡している時です.
 

なかなか時間がとれないこともありますが,

こうしてクモヒトデ研究に携わる時間は幸せで落ち着きます.

そんな小さな幸せを噛みしめる冬の夜更けでした.


アンケート

 

 

先日の豊中高校の実習で,ウニウニ君を提供してくださった渡辺さんが,

学生にとったアンケートの結果を集計してくださいました.

やはりウニウニ君はInnovativeな機器だったようで,

口頭や実物の観察ではどうしてもわかりにくい水管系の配置などを

感覚的にとらえることがきた,という意見が多々見られました.
 

水管系は透明な上に小さいためなかなか観察が難しいのですが,

今後もこのような機器を使わせていただけると,教育効果は一層高まると思います.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わざわざ岐阜からお越しいただいた渡辺さんに,改めて感謝です.

また,個人的には「分類学」や「てづるもづる」についての感想がもらえたこともうれしかったです.
 

このような基礎的な体験を通して,

生物学を志す学生が一人でも増えてくれるといいなあと思った今日この頃でした.


東大総合博物館

深海のサンプルは採れているのですが,

作業中の写真を撮り忘れていました.

そのうち,取り出したクモヒトデなどの写真をお見せしましょう.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで,三崎の次に東大総合博物館にお邪魔しました.

佐々木先生(貝類研究をされています)のもとにお邪魔して,

色々と観察をさせてもらいました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

標本庫も見せていただきました!

所狭しと標本が並べられています.

原則公開不可なので...雰囲気だけでもどうぞ! 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは,重井先生のウニコレクション

壁一面ウニ標本!圧巻です!
 

中には明治―大正時代の標本もみられました.

再び日の目を見る時を待っているのでしょうね.


JAMBIO合同沿岸調査④

 

実験所の船着場を出港してしばらくすると,

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水鳥がついてきました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一定間隔を保ってついてきます.

君のエサになるようなものは残念ながら採れないんだよ~.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とかなんとか言ってる間に,ポイントに到着.

水深700 mの地点ですが,1時間とかかりませんでした.

さすが相模湾ですねえ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手際よく技術職員さんがドレッジを投入.
 
 
 
 

一時間後.
 
 
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そろそろ上がってきますよ!

サンプル受けの箱をひいて待機します.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお!ちゃんと曳けてました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技術職員さんがサンプルを箱の中へ.

泥や岩などは入っていますが,果たして生物は採れているのか!?


JAMBIO合同沿岸調査③

JAMBIO合同調査レポートの続きです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査二日目は晴天で臨海丸による出港が可能!

スクランブルです!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船に向かう一向.人数が多いだけに壮観です.

プロジェクト感が漂って参りました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

臨海丸の設備紹介.

ウインチには,なんと2000 mのワイヤーが巻かれています!

これで,700 mの曳網が可能!!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勿論Aフレームも搭載.

ヤンチナのものよりもやや背が高いので,

漁具が釣り下がっても甲板に付く心配ナシですね.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがドレッジちゃん.

いわゆる生物用ドレッジですね.

網を使っているので,生物が(比較的)傷まずに採れます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テンションメーター.

皆で見やすい位置にあるので,これを見ながらワイワイ楽しめます(笑)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 いざ出港!果たして深海へのアクセスは可能なのか!


てづるもづるについて~クモヒトデの体の仕組み③~

出張の様子のレポートはひとまず置きまして,

クモヒトデの体の仕組みについて書きます.

これまで盤の仕組みついて解説をしましたが,

次は腕について.
 

Aboralarm

こちらは,ミツイタクモヒトデの腕の反口(背)側です.
 

クモヒトデの腕は,竹のような節の繰り返し構造になっています.

この節を腕節といい,一つの腕節は,

いくつかの骨片の組み合わせより成ります.
 

背側から観察できるのは主に,
 

①背腕板という板状骨片,

②その側面にある側腕板という板状骨片,

③側腕板に関節している腕針という針状骨片,
 

の三種類です.
 

特に腕針は棒状,フック状,鋸状など形が多様で,

その数も一腕節において一本から十数本と変化大きいため,

極めて重要な分類形質となっています.


街の灯

先日,関東での出張を終えて白浜に戻りました.

国内にしてはなかなかの長期出張でしたが,

それに見合う収穫があり,ホクホクです.
 

今後しばらくは所でじっくりと解析に取り組みます!
 

IMG_4811

宿地周辺の歓楽街を横目に,

久しぶりの都会の雰囲気を味わってきました.
 

東京を離れてもう3年が経ちますが,

あの頃の未来に立っているのかなあ,と思うと...

しょ,精進ですね!
 

IMG_4809

ということで喫茶店でパソコンを広げてちょっとお仕事. 
 

これで都会人や!

と思ったのですが閉店時間が思いのほか早く...
 

1時間も経たないうちに早々に宿に引き上げ,

都会のラストナイトを過ごしましたとさ.

※ちなみに喫茶店とはドトールのことです.


JAMBIO合同沿岸調査②

合同沿岸調査一日目.
 

三崎の臨海実験所の研究船「臨海丸」で深場を曳く予定でしたが,

あいにく荒天のため湾内十数メートルのドレッジにとどまりました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近場でのドレッジで曳網時間が極めて短いため,

どんどんサンプルが上がります.

処理に追われる調査班.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは上澄みをふるいにかけ,

表層の小さい生き物を濾しとります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残った砂や泥を篩にかけ,今度は目に見えるサイズの大物をセレクションします.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すべての網を抜けた水にも,超微小な生物(メイオベントス)が残っています.

これらも余さず,メイオベントス班によって処理されます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一日目からなかなかハードな展開となりました.

果たして翌日は深場にたどり着けるのか!?
 

続く.