Skip to content

クモヒトデ - 3. page

第十回棘皮動物研究集会へ行ってきました④

 

IMG_6269

魅惑の地酒が、ウニとクモヒトデの先生方を酔わせます。

 

IMG_6270

場はいよいよ盛り上がってまいりました。

皆思い思いに棘皮トークを繰り広げます。

 

IMG_6276

そろそろ一次会がお開き。

 

最後は、歌う生物学の先生の美声に酔いしれながら(歌詞付き)、

幕が閉じられました。

 

IMG_6301

そしてもちろん二次会突入!

 

IMG_6296

みなさんいよいよいい感じに酔いが回ってきたようです。

 

IMG_6294

なおも衰えぬ魚介類のクオリティ。

 

IMG_6293

本研究集会は、毎年12月頃に、各地持ち回りで開催されています。

 

2014年は、東大三崎臨海実験所で開催される予定です。

棘皮動物に関する話題であれば、誰でも発表できますので、

興味のある方は是非ともご参加を。

もちろん、発表なしでも参加できます。

 

最後に、本研究集会の開催に携わった富山大学の方々にお礼を申し上げます。

 

ありがとうございました!

 


第十回棘皮動物研究集会へ行ってきました③

研究集会の懇親会は、毎年その地域の趣向を凝らした料理やお酒が振舞われます。

 

IMG_6243

今回の研究会実行委員長の富山大の小松先生のご挨拶です。

 

IMG_6252

料理の提供元の店主のご説明が入ります。

さすが富山。日本酒がズラリです。

 

IMG_6255

開会前に藤田先生がご挨拶。

 

IMG_6259

みんな真剣に聞いています。

 

IMG_6263

ご覧下さいこの豊富な魚介類。

 

IMG_6268

水産系の学生も唸るほどの新鮮な魚介類に舌鼓をうちつつ、

富山の夜は更けていきましたとさ。


第十回棘皮動物研究集会へ行ってきました②

午前中の口頭発表のセッションが終わって、

お昼休みです。

 

IMG_6214

事前に申し込んだお弁当です。

富山県といえばマス寿司でしょう。

 

IMG_6215

またまた偉い先生方とともにお食事。

昔のいろいろな棘皮動物話を聞かせて頂きました。

 

IMG_6218

午後からは第十回を数えた研究集会の記念講演です。

師匠の藤田先生の趣旨説明があり、

 

IMG_6227

東京工業大学の本川先生の記念講演が始まりました。

 

「研究集会設立の頃を振り返って」

 

というタイトルで、研究集会が創られた経緯、

そしてこれからの研究集会の方向性をお話されました。

 

この研究集会は、もともと国内の棘皮動物研究者が

一年に一度集まり、交流を深めようという趣旨で設立されたものでした。

 

当初の参加者は10数名でしたが、

最近では50人近くが参加しており、学会への発展も一時期は考えられたそうです。

 

今回の講演では、やはり当初の「ゆるゆる」とみんなで集まろうという

志に重きを置きつつ、今後も定期的に開催しようということが語られました。

 

IMG_6233

廊下にフィールド研の公開臨海のポスターを発見。

残念ながら(?)去年のものでした。

そのうち今年のものに張り替えてもらえるのでしょう。

 

IMG_6235

口頭発表のあとは、ポスター発表です。

 

IMG_6237

ウミシダの発表。

 

比較的発生学的な研究が進んでいるグループで、

今回も発生過程を観察した発表がなされていました。

このあとはいよいよ打ち上げです。

 

ちなみに、写真はありませんが、私も発表しています。

 

岡西政典*・Suchana Chavanich・Voranop Viyakam・藤田敏彦

「タイ湾におけるヤギ類に付着するニシキクモヒトデ(Ophiothela danae)の色彩変異,生殖様式と体長組成」

 

タイで採れたニシキクモヒトデという種の体長組成について発表しました。

 

続く

 


第十回棘皮動物研究集会へ行ってきました①

去年の話になりますが、12月に富山大学で開催された

「第十回棘皮動物研究集会」に参加してきました!

 

IMG_6199

会場の富山大学の入り口。

科博時代にお世話になったクモヒトデとナマコの大先生と共にパシャリ。

 

IMG_6205

こんあな会場で発表でした。

モニターが二つある!

 

IMG_6209

早速口頭発表が始まりました。

 

生態、古生物、分類、系統、水産など、

棘皮動物を扱った様々な自然史研究の発表がなされていきます。

 

「研究集会」と侮る事なかれ、

毎年なかなかの数の参加人数を誇っているこの集会。

一時は学会への発展も考えられたそうです。

 

IMG_6212

科博時代にお世話になった

クモヒトデの化石の先生の発表も行われました。

 

「クモヒトデ類とヒトデ類の生痕化石に見られる条線の形成過程-現生種の管足の動きからの推測-」

石田吉明、藤田敏彦、清本正人、Martin Roper、小松俊文、加藤晃穀

 

こんな感じで集会は続いていきました!

続く


てづるもづるとは?③

クモヒトデはヒトデとどう違うのか?

 

よく「クモヒトデは体の真ん中の”盤”という部分と”腕”が明瞭に異なるが、 ヒトデはその境界が不明瞭である」という説明を目にします。

 

確かに、この違いで95%くらいのクモヒトデがヒトデから区別されます。

 

しかし、実はこれは本質的な違いではありません。

 

Trichaster_Cetonardoa

例えばこちらの図はCetonardoa属というヒトデ(左)とツルタコクモヒトデ(Trichaster palmifer)の 反口側(背側)の様子です。どちらも盤と腕の境界がはっきりしてません。

 

つまり、クモヒトデの中には盤と腕の境が不明瞭な種もいますし、ヒトデの中にも盤と腕の境が明瞭に見える種もいるのです。

 

では、本質的な違いは何なのか。

 

続きはまた今度!


てづるもづるとは?②

私の研究対象のクモヒトデをご存じでないかたも多いかと思いますので、ご説明をば。

クモヒトデとは、ヒトデやナマコと共に棘皮動物門を形成しているひとつのグループです。

よく「え?ヒトデですか?」と聞かれますが、違います。 
 
 

確かに、星形をしており、さらにクモヒトデという名前が付いていることから

こういう勘違いが生まれてしまうのですが、

クモヒトデはヒトデとは形態が全く異なる別のグループです。こちらの図を御覧ください。
 

phy_Echi

これは、現在もっともらしいと考えられている 棘皮動物の中の各グループの系統樹です。
 

ヒトデとクモヒトデが異なるグループである事が見て取れると思います。

分類学的な階級で言うと、綱レベルで違い、これはナマコとウニの違いに相当します。
 

では、実際どこがどんな風に違うのか!?  
 

続きはまた今度。


標本整理②

標本整理のお話です。

海産動物の標本は、①乾燥標本と②液浸標本に大別されます.

読んだまま、①は乾燥させた標本で、②は液に漬けた標本です。

生物の種類によって適当な標本状態は違いますが、海産標本の場合は、液浸にしておく事が多いです。

液浸に使われる主な液は、ズバリ、ホルマリンとエタノールです。

まずエタノール標本についてご説明を。

【エタノール】

・脱水によって加水分解酵素の働きを止めることで、

固定(生物を生体に近い状態に保つこと)する。

そのため、柔組織は縮んでしまうことがある。

・そんなに臭くないが、余り多く揮発気体を吸い込むと酔っ払う??

・普通は70%以上の濃度で調整する。
 

とまあ,いろいろな特徴があるのですが、

なんといってもエタノールの特徴は、DNAを保存できるところです。

最近はDNA解析のために、エタノールで標本を作る場合が多くなってきました。

しかし、クラゲなどのように水分が多く脱水によって形が変わるため、

エタノール標本には向いていない生き物もいます。

また、エタノールは脱色作用もあるようです。
 

 IMG_1120
例えば、こんなキレイなメナシクモヒトデ(Ophiopsammus anchista)も
 
IMG_8266 (1)
このように真っ白に笑
エタノール標本を作るときは、事前の写真撮影が必須です!
次はホルマリンについてお話します。

てづるもづるとは?①

このブログのタイトルにもなっている「てづるもづる」についてご紹介。

これはユウレイモヅル(Euryale aspera)というテヅルモヅルです。
 

Easpera

そもそも、てづるもづるとは一体何者なのか?
 

まず、よく「サンゴの仲間ですか?」と聞かれます。違います。 
 
 

「植物ですか?」と聞かれます。かなり違います。 
 
 

てづるもづるは、「棘皮動物門」に属する海産の無脊椎動物です。
 

「門」というのは、この世の動物を、基本的な体の仕組みに基づいて分けた時の単位です。

現在、地球上の100万種を超える動物に名前がつけられていますが、

それらは 30~40くらいの「門」に分けられると考えられています

(この数は研究者によって異なりますが、私は大体32-3門くらいだろうと思っています)。
 

そして門の中にはさらに綱という細かい単位があり、

その中にはさらに目という単位があり… というふうに、地球上の生物は階層状にわけられています。

これは、PC内のファイルをフォルダに階層状に振り分ける作業と似ています.
 

この分類の単位は上から順に界、門、綱、目、科、属、種、という風に分けられています。

てづるもづるは、動物の中では棘皮動物門、クモヒトデ綱、ツルクモヒトデ目というグループに所属しているというわけです。
 

ここで、そもそもクモヒトデって何!?という話になってくると思いますが、

それはまた今後お話いたしましょう。