Skip to content

2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習第二部+公開臨海実習「発展生物学実習」

2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」➈

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実習最終日は恒例の打ち上げ(BBQ)です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長い間お疲れ様でした.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白浜のお肉と海鮮をご堪能あれ.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学習プログラムを修めた実習生達の表情は,心なしか誇らしげです.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は七輪も登場.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もはや立食がしんどい人たち用の席が確保されました(笑)



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BBQの後は室内に移動.呑兵衛たちの夜は更けていきます.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日は,お世話になった実習棟と研究室を綺麗にします.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にピカピカの実習室で集合写真を撮影して解散!

お疲れ様でした.

 


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」⑧

前回の記事の最後の写真の正体,それは
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スナギンチャクでした.

彼らイソギンチャク類は体の中に隔壁と呼ばれる板状の仕切り構造を備えており,

その配置や数が一つの分類の基準となっています.
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが解剖結果.左上の破片が切断面を見たものですが,

隔壁が分かりますか?難しいですよね(笑)
 

イソギンチャク類研究者には,

この隔壁をうまくみるための高度な解剖スキルが求められます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久保田先生が,やや大型のカワリイソギンチャクで解剖に挑戦.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麻酔にかけた個体を解剖.頭の部分を切断し,
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その断片を顕微鏡で見てみます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかしやっぱり難しかった!

生体を麻酔解剖したので,

柔組織が変形しすぎてなかなか隔壁が分かりませんでした.
 

綺麗に見ようと思うとホルマリンなどで固定して標本にしてみるのが良いそうです.

将来の学習用に,この個体は標本としました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河村博士による講義.

並々ならぬ刺胞動物への熱意があふれます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タコクラゲ解剖用の模式図(河村博士作).

一口にクラゲといってもいろんな形態がみられ,

一種類解剖しただけでは「クラゲのかたち」の包括的な理解はままなりません.

ここでも比較解剖が重要なのですね.


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」⑦

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京大臨海実習+公開臨海実習,最終日は久保田先生による刺胞動物の解剖です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海産無脊椎動物の展示に定評のある白浜水族館で基礎解説です.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんの刺胞動物が飼育展示されています.

このイラモ,毒のある刺胞動物として有名ですが,どの綱に所属するかおわかりですか?



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バックヤードに移動して,乾燥標本を見ながら様々な刺胞動物の形を学びます.

ここでは主に花虫の類の骨格がみられます.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に実習室の標本を見ながら,綱ごとに分類してもらいます.

十文字クラゲ以外の主要な綱の標本を備えてあるのですよ!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは...ヒドロ...?鉢虫...?

悩んだ分,頭に入ってくるというものです!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ事前に採集した生物の解剖.

ハネウミヒドラなど固着性のものから順に解剖していきます.



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次はこの子です.どんなかたちを見せてくれるのでしょうか.


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」⑥

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々解剖してみようということで,棘皮動物の解剖のお手伝いをしました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

対象はウニとナマコ.まずはウニです.

ゴーグルをつけて散髪ならぬ散棘です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次はナマコ.ナマコの口はどっち?

こんな風に前端と後端をつまんでみればわかります.

ちなみにこのニセクロナマコはメンソールによって麻酔中です.だらーん.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麻酔中に一気に切開します.

内臓の配置を確認すると,

図説に載っているマナマコとはずいぶん配置や構造が異なります. 
 

なぜ内臓の配置が違うのか?

口の位置は他の種でも簡単にわかる?

キュビエ管は他の種にもある?
 

実はある種の機能形態は,他の種(分類群)と比較することで,

得られる情報が格段に増えます.

このような比較形態学的な手法は,

地味ながら,生態や行動を考える上で非常に重要で,

かつとてもエキサイティングです.

白浜の多様な生き物を通じて,

少しでもその楽しさに触れてもらえたらうれしいですね.


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」➄

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実習四日目はカメノテ甲殻類(+α)の解剖です.

非常に波が高い中,頑張っていろんな生き物を採集しました!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはカメノテを解剖.講師は大和先生です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解剖を実演中.

ピンセットでの細かい作業です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤドカリの解剖で技術を高めたみなさんには朝飯前ですね!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例によってアーティスティック撮影.

フジツボはカメノテの仲間ですよ. 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はカメノテだけでなく,他の好きな生き物も解剖してもらうことにしました.

まずは採ってきた生物の仕分け.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海岸で見つけた卵の中に貝のベリジャー幼生が!

凌君が解説してくれました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメノテの中から出てきたヨツメヒモムシ.

かなりの確率でこのヒモムシが入っている事があるのですが,

共生関係にあるのでしょうか.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユムシも採れました.

白浜の豊かな生物相を体験してもらえたことでしょう.


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」④

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軟体動物の次は節足動物です.

朝倉所長のご専門であるヤドカリの解剖.

附属肢を一つ一つ外して観察することで,

節足動物の特徴である節に分かれた体制と,

付属肢の機能分化を理解します.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教える側にも熱が入ります.

TAとリピータ―学生のコラボレーション.

旧交を温めます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝倉先生によるご指導場面.

あらゆる実習風景をカメラに収めようと尽力しているのですが,

最近,カメラを腰の位置くらいまで下げることで,

臨場感あふれる写真が撮れることを見出しました(TAさんが).
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしょうか.ヤドカリを見つめる真剣な眼差し.

熱意がダイレクトに伝わってまいります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他にも,近くのものに焦点を合わせる技法が多用されております.

(撮影は私ではありません)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

芸術性すら漂う写真ですね.

(撮影は私ではありません)
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつの間にか誰かに撮影されていた一コマ.

熱く語る所員の姿が記録されておりました.


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」③

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メイオベントスの次は軟体動物(主に巻貝類)の解剖です.

担当は中野先生です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 まずは海で採ってきた貝類の同定です.

今回は実施日の潮が悪いということもあり,事前にシュノーケリングで採ってきたものもあります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 図鑑を片手に名前を調べます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近武者修行で解剖スキルを身に付けた凌君が大活躍です!

専門のカサガイの解剖のデモンストレーションを行いました.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒いマットと針を使って固定してから解剖していきます.

プロですね~.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カコボラが抱いていた卵の中の赤ちゃんが,

危機を感じたためか,一斉に孵化して泳ぎ出しました.

茶色の小さい粒粒が全て幼生です!

この後スタッフによって大海原に返されました.
 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはメインサブジェクトの解剖.

まずは軟体部を取り出すために,殻ごと茹でる必要があります.

この茹でる時間は貝殻の形や大きさによって様々です.

TAの吉川君が大活躍!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解剖して,歯舌(細い紐状のもの)の構造を見るのが目的です.

これは巻貝やヒザラガイなどに特異的な器官ですが,

それぞれのグループの食性と形態の関係を探ります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

余裕の観察中.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

余裕の観察中②.
 

それぞれに気に入った分類群の観察ができたようですよ!


2015年8月6日~12日 京都大学臨海実習二部+公開臨海実習「発展生物学実習」②

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集合日の翌日は実質実習初日です.

まずは朝倉先生による講義「動物の分類と体制」.

これから解剖を行うに当たって,各動物門の体の仕組みの基礎を学びます.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして初日のコンテンツは宮崎先生によるメイオベントス観察です.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

極小のメイオベントスをピックアップするための「アーウィンループ」を作ります.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非常に細かい作業です.TAも挑戦!



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーウィンループ完成後は,いよいよ生物を基質から取り出します.

TAの吉川君のデモンストレーション!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学生も挑戦.目には見えませんが,この瞬間にいろんな生物がネットに引っかかっています.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各基質(カメノテ・海藻・砂など)から抽出したサンプルが,

このボウルの中に入っているはずです.
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実体顕微鏡と生物顕微鏡を駆使して生物を観察します!