Skip to content

海産無脊椎動物分子系統学実習②

夕食後は器機の使用法の説明です。

IMG_0155

IMG_0242

まずは分子実験の基本装備である白衣のサイズ合わせです。

全員に合う分のサイズがあって一安心。

IMG_0192

ピペットマン(数μlの試薬を、極小のチューブ内に出し入れできる器具)を制する者は実験を制します!

基礎をじっくり教え込む中野元帥。

IMG_0204

水を使って練習。

ピペットマンの使用法を体に刻み込みます。

IMG_0238

次は「タッピング」の習得です。

チューブを指ではじくことで中の試薬を混ぜるテクニックです。

IMG_0212

 

実習は夜遅くまで続きました。

翌日は、いよいよ朝から実験開始です!


海産無脊椎動物分子系統学実習①

今年も分子系統学実習が始まりました!

IMG_0059

分子系統学を修めるべく、中野分子系統元帥のもとに五人の戦士たちが集まりました!

IMG_0063

まずは所長の朝倉先生のご挨拶。

IMG_0067

研究員もご挨拶。

IMG_0080

そして学生の挨拶。

クラゲ好き、ナマコ好き、カニ好きなど、

今年もユニークな学生が集まりました!

IMG_0085

その後、元帥による実習所の案内。

IMG_0099

廊下も案内。

ここには所員の研究成果を張り出してあるのです。

IMG_0117

研究員の河村さんのクラゲ飼育水槽公開!

左にタコクラゲのポリプ、右にベニクラゲのポリプが飼われているそうですよ!

IMG_0129

図書室をご案内。

実は本書には昔の海外の航海記(Siboga Expeditionなど)

などの貴重な図書が収められており、

今でも複写のために多くの研究者が訪れています。

IMG_0134

その後、朝倉先生の講義です。

分子系統解析を学ぶ上で欠かすことの出来ない、

分類学や種の概念についての基礎についての内容です。

IMG_0143

皆熱心に聞いていました。

翌日からは、いよいよ分子実習本番です!

 


すさみエビ・カニ水族館③

すさみエビ・カニ水族館レポート、

ついに感動の最終話!!

IMG_9993

 これは世界最大のエビ、「アメリカンロブスター」です!

人の指なんか簡単に切断しそうな鋏を持っていますが、顔は優しそうです。

IMG_9915

対してこちらは鋏も顔も凶悪!

「オーストラリアンキングクラブ」ですってよ!

絶対許してくれなさそうな顔です。

彼にお金を借りるときは、それなりの覚悟を決めましょうね。

IMG_0003 (コピー)

おや?この水槽には?

IMG_0012 (コピー)

暖房(電熱線)にくっついるこいつは「リョウマエビ」ですって。

高知県出身としては見逃せないところ。

エビだって寒いとぬくぬくしたくなるんですね。

IMG_0002 (コピー)

その横にはひっくり返ったヒトデちゃん。

管足が丸見えですが良いのでしょうか。

人間で言えば内蔵見えてるくらい危険だと思うのですが。

IMG_0051 (コピー)

すっかり楽しんで長居してしまいました!

名前に偽りなしのエビカニ水族館でした。

無脊椎好きにはたまりませんよ!


すさみエビ・カニ水族館②

すさみエビ・カニ水族館レポート第二弾!(*゚∀゚)

IMG_9970

 ポージング中のオオコシオリエビ

エビという名がついていますが、ヤドカリを含む異尾類の仲間です。

IMG_9973

こいつは強そう。体の表面の黒っぽいのは藻類でしょうか?

しかし、彼はその後の強面シリーズの序章にすぎなかった。

IMG_9900

奥の方にヤドカリ釣りコーナー発見!

IMG_9902 (コピー)

結構簡単に釣れたりします笑

IMG_9913

タッチングプールもありました。

アオヒトデやニセクロナマコなどがちらほら。

棘皮にもスポットが当たっていてうれしい限りです。

IMG_9955

フサフサした感じが憎いこいつの名は「ケガニ」です。

IMG_9962

 これは、白浜の近くの南部の漁港でもよく揚がる、「ヒシガニ」です。

こんなに腕が大きい必要があるのでしょうか。

エビ・カニ水族館はまだまだ深い懐をお持ちでしたよ!


串本へ行ってきました③

水族館レポート第三弾です!

途中、ドクターシュリンプというコーナーが。

イソスジエビが人の角質を食べてくれるそうです。

千徳博士曰く、「チクチクして痛い。」

治療効果が高そうです。

串本海中公園では、たくさんのウミガメが飼われています。

ウミガメも種類によってずいぶん大きさが違うのですね。

餌を持ってるだけでカメたちが寄ってきます!

 みんなよく教育されてます(笑)

 本館から離れた海中展望塔へ!

 

 潜水艦気分ですなあ。

 

展望塔の魚①

ヘラヤガラの仲間?

じっとこちらを見ていました。

展望塔の魚②

ハコフグの仲間

こっちへ突撃してきました!

 

 

 

ということで、サンプルまでいただいた上に、館内も楽ませてただきました。今回いただいたサンプルは、傷まないうちに丁寧に標本として保存しました。

 

研究のアンテナを張っていると思いがけない僥倖に巡りあう事があります。珍しい動物に出会えた時の喜びは、本当に筆舌に尽くしがたいものです。

 

ちなみに、串本ではもうひとつ、研究的に嬉しいことがあり、また伺うことになりそうです。

 

 

最後に、今回の連絡を下さった宇井晋介館長、ならびに丁寧に解説をしてくださった串本海中公園のスタッフの皆様に心より御礼を申し上げます。

 

ありがとうございました!


分類学について

誰もが一度は「ホモ・サピエンス」という単語を耳にした事があるのではないでしょうか。

これが我々人間を表していることは、多くの方がご存知かと思います。

ですが、この単語の真ん中になぜポチ「・」が入っているのか?

そしてこの言葉の意味は何なのか?

ということについて深く考えた方はあまり多くないのではないでしょうか?

ホモ・サピエンスは正式には”Homo sapiens“という二つの単語をカタカナにしたものです。

Homoとは「ヒト」の意味のラテン語の名詞で、

sapiensとは「賢い」の意味のラテン語の形容詞です。

これは、我々「ヒト」という種を表す学名です。

では学名とは何なのか?

なぜ学名を使う必要性があるのか?

続きはまた今度お話いたしましょう。


串本へ行ってきました②

テヅルモヅルの観察が終わった後、

串本海中公園館内を見させていただきました!

 ここではサンゴが非常に良い状態で飼育されており、

そこに棲む熱帯性の色鮮やかな魚達で彩られた水槽が多いです。

 でっかいハナギンチャク類!

触手が見事に伸びています。

飼育が難しいヤギもこんなに元気。

たまにクモヒトデが絡んでいるんですよ!

 ウツボのカメラ目線。

 甲殻類もたくさん。

渋い…。

ガザミの仲間でしょうか。

渋い…。

 タガヤサンミナシ(巻貝)です。

こいつは毒で相手を仕留めます。

くわばらくわばら。

でも、渋い…。

 

 棘皮も負けていません!

タコノマクラ「あっしはただ隠れているだけですから…お気にしないでくだせえ。」

千徳博士の研究対象のキサンゴ科も飼育されていました。

個々の個体が、規則性に則って群体を形成しているそうです。

渋い…。

 

展示パネルの代わりに、こんなものが!

フォトフレームです。

複数の画像が順番に展示できるよう工夫されています。

渋い…。

 

白浜水族館も負けてられませんね!

 

続く


すさみエビ・カニ水族館①

和歌山に住んでいてここに行ったことがなければモグリだぜ!

ということで…。

IMG_9812

行ってきましたすさみ海立エビ・カニ水族館!

展示はエビとカニだけ!

IMG_9823

入り口で早速タカアシガニがお出迎え。

世界最大の現世節足動物を惜しみなく入り口に配置するあたり、

さすがエビ・カニ水族館です。

IMG_9932

平たい立派な角が特徴的な「ハコエビ」。

イセエビに比べて味はどうなのでしょうか。

IMG_9946

串本海中公園にもいます。「ソデカラッパ」。

いつにも増して渋いぜ…。

IMG_9950

こいつはカイカムリ?

何も被っておらず、堂々としてますね。

IMG_9837

これ、夕方のニュースで見たことある!

飼育員さんが開発したガラス製の巻貝の模型です!

ヤドカリが貝殻の中でどのように動いているのか一目瞭然!

IMG_9853

エビ・カニ以外も居ました!

しかも彼らの天敵の最大級のタコ、「ミズダコ」です。

眠そうに鎮座しておられましたが、水中で出会ったら走馬灯を見るでしょうねえ。

IMG_9857

キンセンモドキ。

両側につきだした甲羅の角は何に使うのでしょうか。

あるいは魚の喉に引っかかりやすくするため?

IMG_9884

でました。格闘王シャコ。

実はこいつはエビではありません。

分類で言うと、エビ・カニの属する真軟甲亜綱とは異なる、

トゲエビ亜綱という独自の分類群をつくっているそうです。

海老や蟹では顎になっている部分が、ハサミ状の脚になっています。

このハサミのパンチ力はガラスを割るほどと言われていますが、

実は眼がとても発達していて、高度な視覚を持っているそうですよ!

続く。


豚丼

白浜には、いろんなお店があります。

IMG_4736

山道を車でひた走ること約10分、その豚丼屋さんはありました。

「何にしようかなあ」

メニュー(主に豚キムチ丼とキムチ丼)を見ていたその時、

「ガシャーン!!」

IMG_4734

振り返ると、店員さんが運んできたお水をひっくり返してしまっていたのでした。

そして店員さんが放った一言

「すみません、やり直させてください!」

IMG_4732

 見事に真っ二つになったコップ。

このあと、店主によって片付けが行われる間、ガラスの破片よけの米袋がそっと置かれていました。

白浜には、いろんなお店があります。


串本へ行ってきました①

        串本海中公園でモヅルが採れたとの一報を受けて、すぐさま飛びましたよ!

IMG_8774-2

良い天気です。

サンゴを見に、千徳博士も同行しました。

1508051_229894183801350_1319269937_n

お目当てのモヅルを激写!

IMG_8605

こいつです。Astroclon suensoniです!

 

この種は、1911年に九州沖からMortensen博士に発見・記載されました。

その後日本からは、1930年にDöderlein博士によって

南日本(詳細地不明)から採集されて以来、記録がありません。

 

世界的に見ても、1980年にオーストラリアから記録されているだけですので、

今のところ世界で3例しか発見記録が無いことになります。

 

このような珍しい動物の再報告は、その土地の自然を理解することにもつながりますし、

当時の環境と比較する上でも非常に重要です。

IMG_8613

この慎ましい腕の分岐…。

IMG_8620

純白の口側…。

IMG_8629

良いもづるは、腕のモヅり方が違いますね。

IMG_8642

 報告をくださった館長の宇井さんです。

 

ありがとうございました。

 

この後館内も見させていただきました!

 

続く


バレンタイン

2/14といえばバレンタイン!

バレンタインといえばチョコレート!!

男たちの命運が分かれる悲しき日!!

ということで、比類なき女子力を誇るSMBLメンバーが、

チョコフォンデュパーティーを催してくれました!

IMG_7463

ご覧くださいこの見事な飾り付け!

IMG_7466

匂いを嗅ぎつけたのか、所員が集まってきました!

...嘘です。ちゃんと皆さんご招待されて来ています笑

IMG_7469

様々な具材をフォンデュッ!

IMG_7472

これは、いちごと...

IMG_7473

みかん!?

これがまた意外に美味しかったります笑

大変美味しくいただきました。

フォンデュを主催してくださった千徳博士、

並びにSMBL女子のみなさん、ありがとうございました!


てづるもづるとは?③

クモヒトデはヒトデとどう違うのか?

 

よく「クモヒトデは体の真ん中の”盤”という部分と”腕”が明瞭に異なるが、 ヒトデはその境界が不明瞭である」という説明を目にします。

 

確かに、この違いで95%くらいのクモヒトデがヒトデから区別されます。

 

しかし、実はこれは本質的な違いではありません。

 

Trichaster_Cetonardoa

例えばこちらの図はCetonardoa属というヒトデ(左)とツルタコクモヒトデ(Trichaster palmifer)の 反口側(背側)の様子です。どちらも盤と腕の境界がはっきりしてません。

 

つまり、クモヒトデの中には盤と腕の境が不明瞭な種もいますし、ヒトデの中にも盤と腕の境が明瞭に見える種もいるのです。

 

では、本質的な違いは何なのか。

 

ふふふ。気になってきたでしょう。

 

続きはまた今度!


日本古生物学会例会へ行ってきました③

あらすじ

 

初めて古生物学会に参加した岡西!

現生メインの発表だったが、果たしてウケは良かったのか!?

古生物学会例会参加記録、激動の第三話突入!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9344

ポスター賞を受賞してしまいました!!(((( ;゚Д゚)))

 

本当に良いのでしょうか。大変恐縮です。

IMG_9348

学会長の大路先生から賞状を受け取ります。

 

実は、同じ棘皮動物研究仲間で、顔見知りだったりします(笑)

 

会長直々に打診がありこの後、古生物学会への入会を決意した岡西でした。

 

次は、化石を用いた発表を行いたいです!

 

IMG_9381

賞状を持ってパシャリ。

 

デザインを手伝ってくれた千徳さん、本当にありがとうございました!

 

IMG_9404

その日はまたしても江崎研の飲み会に混ぜてもらい、

祝杯をあげてもらいました!

本当に美味しいお酒をいただくことができました。

 

さらっと会計を済ませておいてくれた江崎先生、

ごちそうさまでした。

 

今後は古生物の分野で良い研究が出来るように頑張ります!!

IMG_9411

最後に、江崎研のメンバーとパシャリ。

初めての学会でしたが、有意義な出会いや、

勉強することが多く、実のある体験をさせていただくことができました。

 

大会運営に関わった皆様、本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。


日本古生物学会例会へ行ってきました②

2014年1月25日

この日はいよいよ発表です!

とはいえ、コアタイムは13:00からなので…
 

IMG_9242

すこし博物館を見学。
 

 

巨大化した昆虫の模型です!
 

 

こんなんがいたら人類はひとたまりもないでしょうなあ。
 

IMG_9244

大会の販売コーナーも物色していると、樹脂包埋された昆虫などの標本が!
 

 

 しかしその中で一際異彩を放つ、シワシワになったイイダコさん…(泣)
 

IMG_9248

そうこうしているうちに発表時間がきました。
 

 

発表演題
 

 

岡西政典・千徳明日香・藤田敏彦

「ツルクモヒトデ目(棘皮動物門,クモヒトデ綱)の分子系統解析と骨片の形態に基づく新分類体系」
 

 

現生メインの話でしたが、多くの方に話を聞いてもらいました。
 

 

また、実物を持ってきていたクモヒトデの化石にも興味を持ってもらいました!
 

IMG_9251

こちらは千徳博士の発表
 

 

千徳明日香・森嵜仁美・大野理恵・江崎洋一・升本眞二・富山隆將
 

 

「マイクロフォーカスX線CT画像を用いたサンゴ骨格癒合部の内部構造の解析」
 

 

大変見やすいデザインで、こちらにもたくさん人が集まっていました。お疲れ様でした!
 

IMG_9276

そしてコチラは 、先日発表練習を行った江崎研の大野さんの発表。
 

 

大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一
 

 

「キサンゴ科群体サンゴにおける個体間干渉 ‐テリトリーによる検証・続報‐」
 

 

サンゴの中野個体同士のテリトリーと相互の干渉を、

形態解析プログラムを用いて見事に検証していました。

練習の甲斐もあり、落ち着いて発表していました!
 

IMG_9309

これは、今大会で編み出された「もづるポーズ!!」
 

 

今後、みなさんも是非使って見て下さいね(笑)
 

 

そんなこんなで、 なんとか発表が終わりました。
 

 

果たして結果は如何に!?
 

 

続く。


おでん

       いいダイコンが手に入ったので、みんなでおでんパーティをしました!
 

IMG_7397

完成したおでんを
 

IMG_7398

 学振PDの諏訪さんが
 

 

IMG_7399

 慎重に、、、
 

 

IMG_7403

隣の部屋に運んでくれました!
 

 

IMG_7407

千徳博士のお手製です!!おいしそう!

しかも白米付き!
 

 

IMG_7405

最初はこれくらいの人数でしたが
 

IMG_7409

 だんだんと人が集まり…
 

IMG_7412

全員集合!
 

 

冬はみんなで鍋物に限りますね!

ダイコンを差し入れて下さった和歌山県博の山名さん、ありがとうございました!


てづるもづるとは?②

私の研究対象のクモヒトデをご存じでないかたも多いかと思いますので、ご説明をば。

クモヒトデとは、ヒトデやナマコと共に棘皮動物門を形成しているひとつのグループです。

よく「え?ヒトデですか?」と聞かれますが、違います。
 
 

確かに、星形をしており、さらにクモヒトデ という名前が付いていることから

こういう勘違いが生まれてしまうのですが、

クモヒトデはヒトデとは形態が全く異なる別のグループです。こちらの図を御覧ください。
 

phy_Echi

これは、現在もっともらしいと考えられている 棘皮動物の中の各グループの系統樹です。
 

ヒトデとクモヒトデが異なるグループである事が見て取れると思います。

分類学的な階級で言うと、綱レベルで違い、これはナマコとウニの違いに相当します。
 

では、実際どこがどんな風に違うのか!?
 

ふふふ、気になってきたでしょう。
 

続きはまた今度!


宿泊棟の布団を替えました

宿泊棟の布団が古くなってきたので、

一斉に新しい布団に交換です!
 

IMG_7308

寒風吹きすさぶ中、なんと雪が!
 

IMG_7320

手前の布団以外の古い布団を運び出します!
 

IMG_7311

エッサホイサ。
 

 

IMG_7315

エッサホイサ!
 

IMG_7312

セレナ(公用車)が…
 

 

IMG_7325

埋まってしまいました!
 

 

これまで数多の研究者や学生を

癒してくれたお布団たちです。

ご苦労様でした。 
 

IMG_7317

いよいよ雪が激しくなってきました。
 

IMG_7322

ロビーの布団も残り僅か!
 

IMG_7336

セレナだけでは足りないので、軽トラも出動!

技術職員の興田さん(手前)と山本さん(奥)のロープワーク!

見事に積み荷に収めました!
 

IMG_7340

 

IMG_7341

ひた走ること15分、白浜の焼却場に着きました!
 

IMG_7346

布団たちの積み下ろし。
 

 

いままでありがとうございました。
 
 
 

 

 

 

こうして宿泊棟に新しい布団が入りました。
 

 

新しい寝心地の瀬戸臨海実験所宿泊棟を是非ともご利用ください!


日本古生物学会例会に行ってきました①

       1月24-26に兵庫県立人と自然の博物館で開催された

日本古生物学会の例会に初参加してきました!
 

 

IMG_9089

到着日(24日)古生物学会がホームの千徳博士と

入口でパシャリ。
 

 

異常巻アンモナイト(Nipponites)が会場の古生物感を高めています。
 

 

IMG_9094

翌日はポスター発表です。

鳥取博物館の徳田学芸員(千徳博士の先輩)が張り出しを手伝ってくださいました!
 

IMG_9099

次は千徳博士のポスターの張り出しです。
 

 

IMG_9120

一方私は、仕上げに小ネタのミニポスターを張って完成!
 

 

IMG_9140

この日は特別シンポジウムが。

タイトル「古生代化石研究の最前線」
 

 

動物学会や動物分類学会では聞けない話ばかりで、

すっかり楽しんでしまいました!
 

IMG_9209

その後は懇親会。

たくさんの古生物の方と知り合いになりました!
 

IMG_9233

懇親会後、

千徳博士の出身研究室の

江崎洋一先生(大阪市大)の研究室の練習発表に参加させてもらいました。
 

 

皆真剣です!
 

 

IMG_9238

その後は夜景のステキな部屋で飲み直し。

明日はいよいよ発表です!!


標本整理②

標本整理のお話です。

海産動物の標本は、①乾燥標本と②液浸標本に大別されます.

読んだまま、①は乾燥させた標本で、②は液に漬けた標本です。

生物の種類によって適当な標本状態は違いますが、海産標本の場合は、液浸にしておく事が多いです。

液浸に使われる主な液は、ズバリ、ホルマリンとエタノールです!

今日はまずエタノール標本についてご説明を。

【エタノール】

・脱水によって加水分解酵素の働きを止めることで、

固定(生物を生体に近い状態に保つこと)する。

そのため、柔組織は縮んでしまうことがある。

・そんなに臭くないが、余り多く揮発気体を吸い込むと酔っ払う??

・普通は70%以上の濃度で調整する。
 

とまあ,いろいろな特徴があるのですが、

なんといってもエタノールの特徴は、DNAを保存できるところです。

最近はDNA解析のために、エタノールで標本を作る場合が多くなってきました。

しかし、クラゲなどのように水分が多く脱水によって形が変わるため、

エタノール標本には向いていない生き物もいます。

また、エタノールは脱色作用もあるようです。
 

 IMG_1120
例えば、こんなキレイなメナシクモヒトデ(Ophiopsammus anchista)も
 
IMG_8266 (1)
このように真っ白に笑
エタノール標本を作るときは、事前の写真撮影が必須です!
次はホルマリンについてお話します。

ニーウー

     みなさん

IMG_7363

 これなんだかわかりますか?

IMG_7359

 なんとこれ

IMG_7366

 ウニのペーパークラフトです!!

大阪市立自然史博物館のミュージアムショップで購入しました。

 

IMG_7364

切り抜いたパーツを組み合わせて完成!

結構頑丈で、握ると少し痛いです。

是非とも五放射版の新作を期待してます!笑


モヅル布団発見

宿泊棟の布団の入れ替えをしていたところ

 

 

奇妙な布団を発見!

IMG_9422

 早速開封

 

IMG_9431

 こ、これは!

IMG_9445

テヅルモヅル!!

IMG_9436

 リアルなテヅルモヅルがうまい具合に模様になっています。

うーん、オキノテヅルモヅル(Gorgonocephalus eucnemis)でしょうか。

標本がないと同定が難しいですね笑

 

ちなみに、モヅルを挟んでいる柄は、どうも「大学」と書かれているようです。

 

IMG_9443

 寝心地も抜群!

 

IMG_9462

今は日干し中!

 

そのうちこれでモヅルの夢を見たいところです。

いや、あんまし見たくないかも…。


てづるもづるとは?①

このブログのタイトルにもなっている「てづるもづる」についてご紹介。

これはユウレイモヅル(Euryale aspera)というテヅルモヅルです。
 

Easpera

そもそも、てづるもづるとは一体何者なのか?
 

まず、よく「サンゴの仲間ですか?」と聞かれます。違います。
 
 

「植物ですか?」と聞かれます。かなり違います。
 
 

てづるもづるは、「棘皮動物門」に属する海産の無脊椎動物です。
 

「門」というのは、この世の動物を、基本的な体の仕組みに基づいて分けた時の単位です。

現在、地球上の100万種を超える動物に名前がつけられていますが、

それらは 30~40くらいの「門」に分けられると考えられています

(この数は研究者によって異なりますが、私は大体32-3門くらいだろうと思っています)。
 

そして門の中にはさらに綱という細かい単位があり、

その中にはさらに目という単位があり… というふうに、地球上の生物は階層状にわけられています。

これは、PC内のファイルをフォルダに階層状に振り分ける作業と似ています.
 

この分類の単位は上から順に界、門、綱、目、科、属、種、という風に分けられています。

てづるもづるは、動物の中では棘皮動物門、クモヒトデ綱、ツルクモヒトデ目というグループに所属しているというわけです。
 

ここで、そもそもクモヒトデって何!?という話になってくると思いますが、

それはまた今後お話いたしましょう。


標本整理①

瀬戸臨海実験所の実習室には、
IMG_7089
様々な標本が保管されているのですが、
IMG_7091
こんな状態で保存液が浸りきっていなかったり
IMG_7095
液が少くなってしまったりしています
IMG_7096
このような標本たちを救うために!
IMG_7100
研究員が立ち上がりましたよ!

IMG_7102
標本整理の様子を、随時アップしていきます。
お楽しみに!

開設

HP をリニューアルして、ブログをメインにしてみました.

クモヒトデという棘皮動物の一グループを研究している,岡西政典のブログです.

今は何もありませんが,少しずつ,クモヒトデや,棘皮動物のことについて記事にしていきたいと思っています.

とりあえず,挨拶がわりにもづるの写真を.

IMG_8605
Astroclon suensoni

今後ともよろしく!